2018年01月29日

180129 過保護な沖縄 

今年の冬は寒さが特に厳しく、関東地区も夜間の最低がマイナス5C以下になることも多く、北海道では日中でも零下の気温が続いている。テレビで見る北海道 や東北地方など寒冷地の方々のご苦労には頭が下がる。逆に南国沖縄では 連日15 度〜20度前後で、羨ましいほど温暖な気候が続いている。                                                                                                                                  
その沖縄で最近、ヘリコプター事故が続いている。その度に 翁長知事は血相を変えて登場し米軍基地の撤廃を叫ぶ。確かに住宅密集地に囲まれた普天間は危険で、政府も普天間を早期に移転して、辺野古海上に新基地を建設しようと努力しているが、再び住民達が集まって今度は海上埋立に反対し、貴重なサンゴやジュゴンが犠牲になると騒ぐ。人命よりもサンゴの保護が重要だと叫んでいるようだ。県知事がテレビで絶叫する姿を見る度に なんだかご自分の出番を喜んでいるようにも思える。もし本気で米軍基地の撤去を望むのなら、最善でなくても次善の、海上移転を真面目に検討してもよさそうなものだが、海上の新基地にも絶対反対だ。確かにジュゴンやサンゴなど、その他生き物の命も大切だろうが、物事の重要性の軽重を全く考慮せず、基地反対を叫ぶ姿は我儘な子供のようである。 
                                                                                       
中国軍は沖縄のすぐ近海に駆逐艦と潜水艦を潜航させて尖閣奪取の作戦を練っているが、中國の攻略から地元民を守る為には、当方の基地を強化して守りを固める以外に対策はないのだが、翁長知事は中国の野心には全く無関心で、ジュゴンやサンゴの保護にだけ声を上げる。まさか中国の沖縄侵攻を期待している訳ではないだろうが。                                
                                            
戦後70年が経過したが、気候的にも恵まれている沖縄は依然として経済の自立が厳しい。狭い島に年間3,000億円もの特別助成金が数十年間に渡って支給され続けているが、殆ど役だっていないようだ。翁長知事は米軍基地を撤去しても沖縄は観光業で成り立つと説明するが、その統計データにインチキがあったと今回判明し、地元観光業は県知事が説明する様には成長していなかった。47都道府県の中では人口も少なく、面積も極端に狭い沖縄だが独立自治体の権限を与えられも、何年経っても自立できていない。                                                                      
もし米軍基地が本当に危険で住み続けるに耐えられないのなら、無駄に騒ぎ続けるより北海道にでも移転しては如何だろうか。北海道は基地が激減して、ヘリコプター事故も殆ど無く静かである。しかし沖縄人は誰も名乗り上げそうにない。冬でも気候温暖で、騒ぎ続ければ多額の助成金が毎年もらえる沖縄の有難さを捨てられないのだ。                         
                                              
関西人の私は、関東に移転して既に50年になるが、関西人と関東人の大きな違いは、自立心の有無だ。関東人には根強い他力本願意識があり、多くのケースで政府資金を如何に引き出すかを考える。逆に松下幸之助に代表される関西人は自主独立精神が旺盛で、政府援助には極力頼らないことを旨とする。大阪の松下電器と、東京の東電,東芝などを比較すればその違いがよく分かる                                                                 
                                    
しかし同じ西日本でも、沖縄だけは全く違って 極端な他力本願だ。米軍基地を口実に、あらゆる局面で島民を集めては騒ぎ立て、財政援助に結びつけようとする。それは育て方を間違った子供と同じで、とっくに成人しているにも関わらず、年老いた親のスネかじりで生きているような姿だ。沖縄の我儘には本当に困ったものだ。 



mh3944 at 09:27│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔