2018年02月19日

180219 ペットの効用

前にも書いたが、想定外の成り行きで私は豆柴犬を飼うことになった。某ホームセンターのペット店で愛らしい幼犬を眺めていると、店主がその子犬を抱かせたのが決定的で、可愛い子犬でそのまま買うことになった。それから1年、我が家は右往左往の連続だった。昔の愛犬と同じPと名付けた。先ずはトイレ躾つけ、ドッグフードの選択、ケージの手配、動物病院探し、ワクチン注射などなど、次から次へと子育て同様な世話の連続だった。居間に放し飼いすると家具を傷めるので、大きめサークルで飼うことにした。                                        
                                             
近親交配の豆柴は寿命が長くないが、年老いた我々より長生きするのは確実であり、誰か親しい知人に早い時期に譲ろうと考えて探した結果、T君から前向きな反応があった。自宅のダックスフンドが死んだので頂いてもいいとのこと、彼ならOKと早速メールで可愛いい写真を見せると大変気に入り、直ぐにでも引き取りたいとの返事。何だか惜しい気もしたが、愛着が増す前に手放そうといつでもOKと回答。しかし翌日T君からメールが入り、ペットロスに苦しんでいる奥さんが猛反対で承知せず、終に無期延期になってしまった。                                                                          
                                                     
安堵と不安が半々のまま、我が家で飼い続けて1年近くが経ち、動物病院から外出OKの許可も出た。我が家は湖畔の散歩道に通じる恰好の環境で、私が出勤前と帰宅後に散歩させることになった。朝 私が目覚めて居間に下りると、待ち構えているPはサークル内で立ち上がり両手足を伸ばして準備運動を始める。散歩の用意をして玄関を開けるとPは猛ダッシュで飛び出し アルミ柵で囲った庭を2〜3周して私を待つ。夕方も同様に早めに帰宅する私の玄関音を聞くと、Pは立ち上がってヒーヒー鳴きながら外出をせがむ。                                 
                                            
力づくで育てると犬は狂暴になり飼主や他人に噛みつき易くなると聞くが、我が家は逆で可愛いがり過ぎ、Pは我々の長男だと錯覚している気配もあり、甘え症で、散歩で行き交う見知らぬ人にもじゃれつく。迷惑顔の人もいるが、喜んで相手する人もいて、中にはPに会うことを楽しみにしている高齢者も何人かできた。                                                                                 

子供達が独立すると会話が減って家庭内は静かになる。女房は無口で笑顔がいい、亭主は元気で外がいい、という諺もあるが、平穏無事は喜ばしいが退屈なのも事実である。文句のない我が家も、Pが来てから急に会話が増え静かな家庭に雑事が増えた。ただ我々夫婦は高齢なのは現実であり、もし片方が倒れたら、他方だけでは飼い続けられず誰か他人様にPの世話をお願いすることになる不安は常に消えない。                                        
                                           
朝 おはよう!と家内がPに声をかけるとPはじ〜と見返している、何を思っているのか言葉が通じないので分からない。私に散歩の催促をするのはよく分かり、朝夕に食事をせがむのは最高の楽しみですぐ分かる。道で出会う他の犬とケンカするのもわかり、楽しい公園散歩から帰るのを嫌がる行動もすぐ分かる。散歩中に臭いに異常に執着して何か突き止めようとしたり、松カサや小枝を咥えてもち遊ぶ仕草もヒトと同じだ、しかし居間のサークルから窓越しに外をじっと見つめてモノ思い耽ける哲学者のような姿は何を思っているのか全く分からない。このように知的で可愛い犬を中国や韓国では食用にすると聞くと何とも残酷なことだとも思う。                                                                
                                      
ペット産業の経済規模はFood:4,000億円、関連用品2,500億円、犬猫ブリーダ,医療,保険7,000億円で合計1兆4000億円と巨大だか、家庭に潤いを与え、活気づけてくれる家庭活性化効果を金額に換算すると,どの程度の規模になるか見当もつかない。しかしマンネリ気味のプロ野球よりは大きな効果があるのではないだろうか。                      
          



mh3944 at 09:07│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔