2018年03月12日

180312 臨機応変な社会に 

 
先日のある夕方、病院で受け取った処方箋を持って近くの院外薬局を訪づれた。小さな薬局で先客は一人、女性店員2人、奥には年配の薬剤師らしい男性が作業していた。窓口で私の処方箋を受け取った女性店員が奥に入り、棚からその錠剤を取り出して1ケ月分を袋詰めして準備はすぐに終わった様子がガラス越しに見えた。しかしその後、彼女は全く動かず手持ち無沙汰な様子で 待っている当方になかなか渡そうとしない。7〜8分経っても準備済の錠剤を渡してくれないので、私は立ち上がってまだ時間がかかりますか?と聞くと、もう15分ほど待って下さい、とのこと。                                              
                                                      
これには少々驚いた。早く帰宅して待っている子犬の散歩をさせようと急いでいるのに、更に15分待て!とは気分を害した。何故頂けないのですかと聞くと、責任者の承認が必要なので、と答える。品名も数量も明確で一言断れば済むのに、責任者が仕事を終える迄待てとは冗談ではない!と頭にきた私は、一寸話せば済むでしょう!と怒気を込めて反論した。すると彼女は、先着順がルールですからとの返事。これには我慢できなくなった私は では結構です!別の薬局に行きますから処方箋を返してください、と言うと、彼女は大いに困惑した様子だったが、無理やり処方箋を引き取って、近くの別の大型薬局にゆき錠剤を買った。先輩の薬剤師に言い出せなかったのも、先着順ルールも分かるが, 1番目だけではなく2番目もお客だから、臨機応変に対応して25分以上も待たすことは止めて欲しいと思った。                                          
                                                           
似たようなケースは牛丼屋でもあり、ご注文順と出来上がりは違うことがあります!と、メモ書きが下がっている。特に混雑時に複雑な料理を注文すると時間がかかり、出来上がり順が前後するのは何回も見ている。昼食時に1000円近い高級?丼は時間がかかるので、私は混雑時には並牛丼400円を食べる。特別なものを食べたければ少し時間をずらして行けばよい。                                                                       
   
勿論、お客側にもある程度の配慮が必要なのは当然である。例えばスーパーのレジで商品チェックが終わってから、おもむろに財布を取り出し小銭を数え始める年寄客は迷惑千万で、事前に支払い準備はするべきだ。例は違うが先日、制限時速30キロのガラガラ道路の先頭をゆっくり走り続ける車に怒った後続車の一台が追い抜いて停車し,年配オヤジが降りてきて文句を言っているのをテレビでみたが、急ぐ車もいることを配慮してゆっくり走る先頭車は 脇に停車して順番を譲るなど配慮すべきだろう。お互いに複雑な社会に住む我々だが、少し気を利かせば、隣人との摩擦は随分少なくなると思っている次第。                  


mh3944 at 08:45│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔