2018年04月23日

180423 ペットを飼うー続 

柴犬を飼い始めて1年が経過した。犬には毎日の散歩が不可欠で、朝は出社前15分間、夕方は帰宅後40〜50分ほど私が近くの遊歩道に連れ出す。確かに犬は生活に潤いを与えるが、猫と違って雨の日も風の日も雪でも絶対に散歩を休めず、飼主が健康を害したら本当にアウトだと実感する。                                                      
                                      
自営業の私は出社も自由なので、早朝Pを散歩してから出社し、午後は3時過ぎに帰宅してPを散歩させる。友人と一杯とかは全く無縁な生活になってしまった。家に着いて門の鉄格子を開ける僅かな音も聞きつけてPは騒ぎ始め、玄関に入ると狭いサークルを飛び出んばかりに吠える。サークルを開くや否や飛び出して玄関から庭へ突進し、首輪を付けると外に飛び出して近くの空地に走り込み悦楽の表情で放尿する。終えると再び道路に戻って今日は左か右か私の顔を探る。                                                                                       

柴犬は利口で姿形も美しく専門家が最も好む飼犬だ。普通の柴犬は体重が12〜13キロだが豆柴は小型で体重も6〜7キロと愛らしく値段は2倍以上になる。近くで柴犬を飼っているOさんやMさんが、これは豆柴なんですヨ、と10キロ以上の愛犬を連れて優雅に散歩するのに何度も出会ったが、格段に小さい当方のPが登場した途端、彼らは何も言わなくなった。何だか悪いことをしたと少々反省もしている。柴犬は細目だが、Pは目が大きく鼻も高いハンサムで、散歩で行き交う子供達も、まあ可愛い!と立ち止まって手を出す。当方も悪い気はしないが、これはヒトの勝手な判断であり、犬同士の世界では全く無意味だろうと思う。Pは人懐かしっこく、初対面の人にも警戒せずに尾を振って近づき甘えるので、これでは番犬には不向きかもしれないとの心配もある。                                                                                        
                                         
犬の調教師からは、ペットは絶対服従させて、散歩は飼主の左側を歩かせ、飼主より前は歩かなさいように教わった。しかし若くて血気盛んなPはなかなか調教できなかった。2〜3年すると落ち着きますよと知人は言うので少々気休めもあるが、元気なPを抑えて優雅に歩かせることは困難を極めた。散歩はPの最大の楽しみで、強引に制御するのは可哀想だとも思い始め、最近は伸縮ロープで自由に走らせることにしている。Pが我が家に来たのも何かの縁であり、お互いに長くはない一生の殆どを狭いサークルで暮らすPには、短時間の散歩でも思う存分に走らせて楽しまそうと思い始めたのだ。                                                                                
犬は嗅覚に優れ、ヒトの100万倍から一億倍もの感度といわれ、散歩するPもあらゆるものを嗅いで外の世界の状況を探る。それは通勤や電車で懸命にスマホに見入る若者をも連想させる。また他の犬に出会うとPは敵か味方かを確かめようと慎重に臭いを嗅ぎながら近づく。最近殆どの室内犬は去勢しており、オスのPも早々に手術したが、やはりオス犬同士は相性が合わず険悪になってしまう。逆にメス犬に出会うと歓喜の表情で周囲を何周も走り回り生きている喜びを表現する。去勢した罪の意識が消えない私もPが全力で疾走する姿をみると少しは報われた気分になる。
                                                                                          
Pは極端に小さな犬は無視して殆ど相手にせず、自分と同程度以上の相手に興味を示す。逆に大型犬には警戒してなかなか近寄らず、じっと見つめて観察する。動物の世界では基本的に我が身は自分が守る以外に生きる術が無いことを本能的に知っているのだ。比べるとヒトは誠に勝手なもので元気な時は意気も高いが、弱ってくると直ぐに社会保障とか生活保護を求め始めるのは情けない生き物だと思う。                                                        


mh3944 at 08:48│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔