2018年05月28日

180528 パワハラの昨今


日本大学アメフトの内田正人前監督のパワハラが露呈してマスコミが大騒ぎしている。野党はモリカケ問題がぼやけると心配するが、アメフト騒動は燃え続ける。辞任した内田監督はパワハラを真っ向から否定したが、被害者の宮川泰介選手がマスコミの殿堂 日本記者クラブに呼ばれて詳細を説明し、鬼の内田監督は遂に入院してしまった。                                                                  
                  
体育会系では、従来からパワハラが色濃く残存しており、女子レスリングの伊調馨が至学館大(名古屋)から東京へ練習場所を移した途端、至学館の栄和人強化本部長から徹底的に虐められた事件も同根だ。しかしパワハラはスポーツ界だけでなく、電通の若い女性の自殺の如く 現業企業にも色濃く存在している。                                                                                                                                  
60年前に私が尼崎の日米合弁JRCの研究部門に入社した時、経営も理解できる技術屋になろうと、神戸大学経営学部(夜間)で勉強しようと考えた。上司K課長は毎夜マージャンなので、私が退社後の自由時間を通学しても問題ないだろうと思ったが、夜学通学を知った上司は怒った。自分が学んでいない経営学を部下が学ぶ必要はないと退学を迫り、辞めなければ遠方の石川県美川工場に転勤させると脅された。                                                                                      
                                     
北陸の田舎工場に放逐されては敵わないと、私は泣き泣き神戸大学に休学届けを出した。2年間の休学期限が経過した時、K課長が転勤となり、私は再び神戸大学に復学して無事に経営学士号を取得した。しかし四苦八苦して取得した経営学士も使い道は無く、何とか生かせるチャンスをと狙っていたが、偶然にも会社が経営方針に関する社内論文を募集していることを知った。                                                                                        
実務経験に乏しい若者には,企業を如何に経営するかは難テーマだったので、私は作戦を考えてデータを駆使した実証学的な論文を書こうと発起し、半年かけて400字詰め100枚程度の論文を書いた。数値に振り回されて、内容的には消化不十分な論文であったが、企業戦略を数字で論じるユニークな論文と言われて、私の想像以上に解釈が拡大し議論を広げる提案となり、見事に一等賞となって社内は驚愕した。                                                                                   

しかしパワハラが起きた。事前に上司に相談すると一喝されて論文断念を命じられるのは確実なので、私は本社人事部に直送したが、その論文が一等賞となって社内報で大々的に公開され、初めて部下の論文を知った上司は大いに不機嫌だった。しかし私の論文を読んだ社長は異常に関心を示し、私を本社企画課長に転籍するよう命令した。                                                                                                                                          
一般の人事異動は人事部長の権限だが、技術部門に関しては当人の専門分野が深く関係するので、技術部長の事前承諾が必須だが、技術屋の私は社長の直接指示で発令された為、上司に無断で部下が本社に転籍して企画課長に昇格したことに上司は激怒した。そして転勤に関する一切の協力を拒否し、大阪→東京の転勤費用支払書にも捺印を拒否した為、家族同伴の移動費用がなかなか貰えず、苦渋した古い思い出もある。                                                                                
                                           
今回の騒動で渦中のアメフト前監督の内田正人氏は、日大相撲部監督から日大理事長に出世した田中理事長の次を狙っているとも言われているが、パワハラを否定し続ける今回の騒動で、その野望は風前の灯となった。好事魔多しというところか。                      
             





mh3944 at 09:44│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔