2018年06月25日

180625 英会話のマスター

日本人は英会話に弱い。私も45才の時、米国DPC社との合弁会社 日本DPC社長に就任したが、周囲は私の英話力を不安視していた。しかし私は長年英会話を訓練していたので内心では不安はなかった。研究社のSpoken-American-English (上級)を20年以上も音読して全24章を丸暗記していたので 普通の会話には対応できると思っていた。米国ロサンジェルスのDPC本社で、会長以下主要幹部に私の経営方針を説明したが問題はなかった。                                                                                                                                                                                                  
しかし業務が動き出すにつれて、私の英語力には欠陥があると分かった。Speaking, Hearing, Reading, Writingのうち、Hearingが弱いと分かり始めた。SpeakingとHearingは表裏一体で同じものだと思っていたが 分厚い研究社読本をマスターした程度ではHearingは十分ではなかったのだ。Hearingの弱さを補強しようと私は懸命に聞きとり訓練を始めた。近年テレビで外国人が頻繁に話す生英語を聞き取ろうと努め始めたが なかなか上達の感触はなかった。                                                                                            
                       
テレビの字幕を見ながら会話を理解しようとすることに無理があったのだ。英文と日文の文章構成は真逆で、日本語や韓国語は、私は田舎から送られてきた赤いリンゴを食べた、という日文は、英文では 私は食べました、赤いリンゴを、田舎らか送られてきた、と文章が真反対になるので、字幕を見ながら英語を理解するのは無理があった。半ば諦め気味になりながらも、テレビの字幕を読まずに、生英語を聞き取ろうと努め続けたが、進捗は捗々しくなかった。                                                                                                                           
                     
ところがトランプ大統領が登場して、TVでジェスチャーたっぷりに話す彼の英語はほぼ完全に理解できるのだ。トランプ英語は本当にHearingし易いと分かった。こうなると勇気百倍で、より頻繁にTV-Hearingに時間を割くようになった。従来の米国大統領と違ってトランプ氏は少々の誤解は恐れずに、短い言葉で単純明快に意見を言う。トランプ大統領はマスコミからバッシングを受け続けているが、大衆に理解し易いように短い言葉でストレートに発信するメッセージは誠に分かり易い。英会話の永年の壁であったHearingが何とか克服できそうになり、傘寿を越えた今ごろになって快哉を叫んでいる昨今である。        




mh3944 at 08:29│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔