2018年07月25日

180725 インドの糞尿譚

インドは世界最大の13億人の国民を抱えているが その5億人はトイレ無しの屋外で用を足している(野糞)という。これでは文化的な国民とは言えないと、モディ首相がインド全国に木製トイレを設置して国民運動を展開している。写真は1メートル四方の小さな木製小屋だが国民には全く不人気で、こんな臭くて暗い場所よりも、広々とした野外で用足しする方が余程快適だと、国民から嘲笑されていると新聞にあった。                           
                                                               
モディ首相の意気込みにも拘らず、多数のインド国民が木製トイレを避ける理由は明快で、狭くて暗くて臭い場所よりも、大自然のなかで用足しする方が余程の快感とは誰も分かる。インドネシアも同様で、川土手を下った簡単な竹製の囲のなかで用を足し、水で洗っているのを私も目撃したことがある。                                                                                       
                                        
東南アジア諸国の多くは同じ問題を抱えており、大国の中国も似たような状況で、30年前に香港旅行した折、国境近くを見物した時のニーハオトイレには本当に仰天した。お隣りと雑談しながら用足しする感覚は日本人には異次元で、出るものも出なくなってしまうと思った。                                                                                                                                 
モンゴルでは荒涼たる高原を移動し続ける遊牧民にはトイレなど無用で、用足しは全て屋外だが、夜中に野犬がやってきて綺麗に食するので何も問題もないと聞く。私は登山に縁がなく富士山にも登ったことがないが、アメリカのロッキーマウンテンの頂上近くにバス旅行した時は、日本の簡易トイレと同じだった。                                                                                                               
エベレスト等を登頂する冒険家は当然野糞だが、そこには基本的なルールがあり、ティッシュペーパーだけは必ず拾って持ち帰るのがマナーだと聞く。理由は簡単で、糞は直ぐに自然に同化するが、ティッシュペーパーは分解に時間がかかり散乱して自然環境を著しく害するからだ。確かに富士山頂近くトイレの垂れ流しで散乱したティッシュペーパーを航空写真でみたことはある。                                                                                                                            
                       
世界でも最も潔癖症の日本人は、殆どの家庭がウオッシュレットになっている。今やウオッシュレット無しでは日本人は生活できない。60年前の大学同期卒の友人が入社したT社は、陶器一筋の社長がトイレを電気機器に変えるウオッシュレットに反対だったそうだが、経営陣が交代して一気に業態が変革したそうだ。もしウオッシュレット革命に巡り合わなかったら、惨めな会社人生だっただろうと彼は漏らしていた。日本も30〜40年前までは殆ど旧式水洗だったが、今では100%近くウオッシュレット化されており、国内の旅行先もウオッシュレットなしではお客は敬遠する。                                                                                                         
欧米の先進国に何故ウオッシュレットが普及しないのか本当に不思議だ。20年前まで私はNYやロサンジェルスに頻繁に出張したが、ウオッシュレットを設置したホテルは殆どなく、ハワイの一流ホテルもウオッシュレットには出会わなかった。しかしその快適さを知るとウオッシュレットが急速に普及するのは確実で、日常生活から欠くことができなくなるだろう。 近年増えている特別養護老人ホームなどは職場環境の維持からもウオッシュレトは必要不可欠だと思う。       

 





mh3944 at 08:35│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔