2018年09月25日

180925 大震災の傷跡 

                                      
東日本大震災の大津波で破壊された陸前高田市大槌町の町役場が、遂に解体されることになったと先日テレビが報じていた。このまま残すと津波の記憶が消えないと地元民が主張したらしいが 如何にも残念な話だ。歴史的な大事件の遺跡は絶対に保存し残して置くべきである。貴重な震災遺跡があってこそ、多くの人々が交通不便な東北まで訪問して大津波の恐怖を実感できる訳であり、遺跡を消し去ると、そこは何の変哲もない跡地となり、誰からも見捨てられた荒廃地になってしまう。30年前ビオトープとか華々しい名目で建設された農場が私の近くにもあるが、手入れされたのはほんの4〜5年で、すぐに荒れ地に変わり、今日では大木が茂る荒れ放題の荒地になっている 
                                                              
気仙沼には市街地奥まで打ち上げられた、330トンの大型漁船 第18共徳丸があったが、連日多数の見物客が押しかけた為、見せ物ではないと地元民が怒って漁船を解体した途端、誰も来なくなった。すると今度は見捨てられたと地元人は嘆いたという。全く身勝手過ぎる話だ。大津波の痕跡か遺構があってこそ、人々は非日常の現実を見るため、わざわざ来訪するが、その痕跡を消し去っては訪問する人々は誰も居なくなるのは当然である。地元民の無定見さには呆れてしまう。                               
                                         
戦後70余年が経過しても、広島には世界中から見物者が来訪する、それは原爆ドームが残っているからである。この原爆ドームも保存するか解体するか賛否両論が入り乱れて20年間も論争が続いたというが、保存を主張し続けた良識派が勝ち、原爆の恐ろしさの断片をPRし続けている。世紀に残る東北大地震と福島原発事故の痕跡を消し去るとは呆れて言葉が出ない。それが地元住民や漁民のレベルだろうが全く恥ずかしい話だ。バーミヤン渓谷の仏像遺跡を破壊して快哉を叫んだアルカイダと似ており、歴史的な遺跡は絶対に残さなくてはならない。                 
                                                
関連するが福島原発跡には無害なトリチューム汚染水が毎日20トンも湧出して貯まり続けている。従来は海水に流していたトリチューム汚染水を、民主党菅政権の世論迎合政策で海洋放出を中止してタンクに貯め始めた結果、今日では大型の貯蔵タンクが1000基以上になり、広大な福島原発敷地が身動きできない状況になった。そのトリチューム汚染水の処理対策を検討する福島公聴会(8/30)では、トリチューム汚染水は無害だから、世界の常識通りに十分に薄めて太平洋に排出すべきという意見に対して、それは風評被害を招くと地元漁民が猛反対して結論が出なかったという。漁民達は薄めて太平洋に排出する以外に解決策はないことを知りながら反対している。風評被害の撲滅は、政府の主導で福島産魚介類を全国で消費する大キャンペインを進める以外にあり得ないのだ。超微量の異種放射性物質が含まれているとか言いがかりを付けて海洋放出を拒否するのは問題を深刻化するばかりだ。トリチューム汚染水が遂には100万トンという膨大な量になった今日、こんどはその処理方法を世界が見守っている。
                                     
                                     
7年前の東日本大地震の復興には結局20兆円近い膨大な予算が投入されて復興事業が進行中で、道路、鉄道、港湾、立派なサッカー場, ラグビ―場など再建されている。先日テレビで立派なラグビー場を見たが、地元の住民達は本当に帰ってくるだろうかと心配になった。巨額予算が投じて立派な未来都市が実現するのは喜ばしいが、もし住民が戻らなければ、そこは草ぼうぼうの荒れ地になってしまうのだ。
                                  
                                   
住民が戻る見通しもないまま、長年に渡って執行される大型予算は、その効果と有効性を時折チェックすべきだと思う。大津波で殆どの住民は全国各地に避難した結果、月日が経過しても帰郷しない住民が多くなり、莫大な予算で造成された東北沿岸の住宅用地や商業用地は荒れ地になってしまうと危惧されているとも聞く。民間企業なら大型投資の効果は減価償却の段階でその効果が必ずチェックされるが、国の予算は減価償却の観念が無く誰もチェックしない。精々会計検査院が調べる程度だが、それは予算が計画書通り執行されたか否かであり、その効果について殆ど議論されない。長い年月に渡って投資される復興工事は、工事業者の旨い餌食になっているのだ。 
  


mh3944 at 09:04│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔