2018年12月25日

181225 過酷なスポーツ選手

全日本女子フィギュアでは、新人の坂本花織(18)が逆転して優勝し、トリプルアクセルの紀平梨花(16)は2位、4連覇を狙った本命の宮原知子(20)は3位に終わった。20才の若さで中学生,高校生選手に追撃される宮原は本当に辛いことだろう。ロシアでも世界チャンピオンのメドベ-ジェワ(19)や平昌オリンピック金メダリストのザギトワ(16)を蹴落として、14才の新人選手が4回転ジャンプを成功させて1位と2位を占めたという。全く目も眩むような若手ライバルの出現は、スポーツ世界の厳しさを如実に示している。                                                                              
                                      
卓球の伊藤美馬(16)も11/4の卓球ワールドツア-スエーデン大会で、世界7位の劉詩文を撃破、準決勝では世界2位でリオ五輪女王の丁寧を叩きのめして放心状態にさせた。決勝では世界No.1の朱雨玲に1ゲ-ムも与えない完勝で、世界を席巻する中国軍団は大魔王が登場したと震え上がった。チョ-レイと大声で絶叫する張本選手に反感を感じる人もいるだろうが、中国勢を相手に一歩も引かない若者の雄たけびは従来の日本選手になかった勇姿だ。華やかなスポーツ選手も、頂上を極めると直ぐに若手に追撃され始める。多くのスポーツは20代後半から30才になると、新人選手の追撃を受けて屈辱を味わう羽目になる。                                                                                                                  
先場所で優勝して関脇に昇格した貴景勝は正月場所も再び優勝を狙うと豪語するが、白鳳が復調すれば厳しい場所になるだろう。問題は理事会から最期通告を受けた稀勢の里だ。彼は190キロ近い過体重を大幅に減量して白鳳(160kg)並みに下げないと俊敏な若手力士には敵わないが、体重を武器とする稀勢の里は簡単には減量に踏み切れない。当人は冬巡業を全休中だが引退する可能性も大きい。最近の大相撲は世代交代が進み、仮に稀勢の里が土俵を去っても心配はではなくなった。                                                             
                                        
スポーツ界では殆どの選手は優秀な成績を残せないまま敗北感に苛まされながら引退する、しかし彼らには新しい世界の可能性も残されている。大相撲では三役にもならなかった舞の海は、引退後に解説者として実績を残しつつある。マラソンではオリンピック金メダルの高橋尚子に比べて、目ぼしい実績を残せないまま引退した増田明美は、今では大阪芸大教授となり、マラソン駅伝の解説者として第一人者になっている。彼女は事前に選手達の練習状況やエピソードを集めて、実況の合間に挿入してレースを内容豊かにしてくれる解説者に成長した。                                                                        
フィギュアスケートで世界から愛された浅田真央に比べて、殆ど実績を残せなかった八木沼純子は、歯切れよい解説者として地位を確立。実績を残した高橋大輔に比べて表彰台には手が届かなかった織田信成は、歯切れ良い解説者に成長しつつある。現役時代に実績を残せなかった選手も、引退後の人生は長く、落胆せずに努力すれば、新しい世界が開けてくることは、厳しいスポーツ選手達にも希望を与えてくれる筈だ。                                                                   



mh3944 at 12:27│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔