2019年01月28日

190128 津波遺構の解体

  
東日本大震災で40人の犠牲者を出した岩手県大槌町の旧町役場が遂に解体された。解体を主張して新しく町長に当選した平野公三派と 遺構保存を主張する反対派が7年間も論争し続けたが、終に町議会が解体を議決して実行し始めた。反対派は工事差し止め訴訟も起こしたが、盛岡地裁は却下して旧庁舎の解体工事が今年の1/18に開始された。誠に残念なことである。                                     
                                        
旧庁舎を解体して何の利益があるのか全く理解できない。悪夢を忘れる為に遺構解体を主張する遺族を盛岡地裁は制止出来なかったのだろうか。 役場廃屋が残っていては残酷な津波災害を忘れられず再出発できないとの賛成派の主張に、新町長が被害者の苦悩に寄り添いたいと殊勝そうに応えるが、更地にしても大津波の恐怖を忘れることは出来ないことは知っているだろう。確かに無責任な見学者も来るかも知れないが、2度と再現できない歴史的な大津波の遺構が無くなれば、今度は本当に誰も来訪しなくなり見捨てられてしまうのを、関係者は何故理解できないのだろうか?               
                                             
外部からの来訪者には興味本位の人もいるが、遺構がなければ、東北の辺鄙な大槌町には誰も来ないだろう。震災の博物館などでは味わえない恐怖の実感を破壊された本物の庁舎から感じられるのだ。安楽に暮らしている人達に、悲劇の現場を見せるのが悔しいのだろうか。見学者は現場を訪れて遺構を見学することで津波の恐怖を実体験でき、大槌町の復興にも更に関心を深めるだろう。我々国民は税金やボランティア等で東北復興に貢献しており、予報される次の大震災にも備えることができるのだ。例えば最大40万人もの犠牲者が想定される南海トラフ大震災の来襲予想に、静岡、愛知、和歌山、高知、宮崎などの住民は恐怖のもとで日々暮らしているのだ。首都圏直下大地震の来襲予報にも拘らず、1000万人以上の若者達が住宅密集の大東京で働いているのだ。     
                                             
大津波被害の遺構を解体して安心するのは、20年前のバーミヤン大仏を破壊したイスラム狂信者と同じことではないか。取返しのつかない大津波の破壊跡の撤去開始の報に、私はただ呆れている次第。同様な論争があった原爆ドーム廃屋を守り通して、世界中から来訪者が絶えない広島市民の良識を見習うべきだ。
                                      




mh3944 at 10:56│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔