2019年02月22日

100222 拉致より核廃絶

    
トランプ大統領と北朝鮮金正恩は2/27〜2/28にハノイで2回目の首脳会談をする。核兵器を絶対に手放さない北朝鮮を説得して、テポドン(長距離ミサイル)だけは中断させようとトランプ大統領は必死になっている。日本はノドン(中距離ミサイル)の放棄を金正恩に迫る必要がある。先日、拉致被害者家族連絡会が安倍首相に面談して、何より先に拉致被害者20人の開放を急ぐよう申し入れ、安倍首相はトランプ大統領に電話で連絡したそうだが、私は大きな違和感がある。北の核攻撃から米国本土を守ろうと必死の米国に、核廃絶より拉致被害者の解放が先決だと叫ぶ日本に、トランプ大統領も違和感を感じているに違いない。誰が考えても拉致被害者20人の救出よりも、日本国民125,000,000人の安全確保の方が決定的に重要であり、それは核ミサイル全廃なのである                                                                                        
拉致被害者は確かに悲惨であり私も大いに同情する。しかし同程度に悲惨な環境に苦しんでいる国民は100倍も1000倍もいる。核廃棄より拉致被害者解放が先決だと叫び続ける日本を金正恩は嘲笑しているに違いない。これでは金正恩は拉致問題を最後まで切札として手放さず、逆に交換条件として莫大な戦争補償を日本に要求するに違いないと私は思う。韓国も数十万人の拉致被害者を抱えているというが、何故日本は拉致解決だけをここまで騒ぎ続けるのかと世界は笑っているに違いない。これは韓国が少数の戦争慰安婦の補償を日本に求めて騒ぎ続けるのと同じことではない。外交は条件交渉であり、拉致問題は解決されたがノドンは残った、では我々は困るのだ。日本のマスコミは何故、拉致被害者家族会の騒ぎ過ぎを指摘しないのだろうか。 


mh3944 at 09:18│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔