2019年03月27日

190327 中国とロシア 

       
世界は国際化が進んだが、面倒な問題を引き起こす国が必ずある。代表的には中国とロシアだ。
中国は南シナ海を占領して地対空ミサイルを装備した軍事基地とし、東シナ海の尖閣諸島を略奪するチャンス常に狙っている。中国は 黄海、東シナ海、南シナ海、の全て浅い大陸棚に囲まれており、黄海はごく浅く平均水深は50m, 東シナ海は150〜200mと浅い。これは資源開発には好適だが、軍事的には問題で、特に深海に潜って身を隠して作戦行動する潜水艦は 浅い海域では直ぐに発見されて撃破される非常に危険な海である。深海に潜った1隻の潜水艦は、駆逐艦,巡洋艦など10隻以上の海上敵艦と対等に戦えるほど強大な力を発揮するから、素早く太平洋の深海に潜る出口が必須である。その出口は台湾南のバシー海峡と尖閣諸島の宮古島海峡の2つがある。もしこの両海峡を日米海軍が封鎖すると、中国潜水艦は浅い自国領海では身を隠せず絶対絶命になる。従って尖閣海域を略奪することは中国海軍の悲願でもある。もし中國潜水艦が広大で深遠な太平洋に進出してしまうと、発見は殆んど不可能になり、日本と米国は戦々恐々に陥るので、海上自衛隊は尖閣諸島の守備を固めて、海峡封鎖して中国潜水艦を領海内に閉じ込めることが絶対条件である。                                                                                                 
米国トランプ大統領は貿易赤字の最大の元凶である中国からの輸入品に高関税を課して輸入抑制に動いた。その結果 世界をリードしてきた中国経済に急ブレーキがかかり、昨年末より中国は深刻な不況に見舞われて倒産企業が続出している。米国輸出が止まった中国は内需拡大策に転換して、国内投資に重点を移しているが、その中核の住宅建設は殆どが投資転売目的である為、常にバブル破裂の危険を孕んでいる。                                                                                                                    
中国は情関産業育成にも力を注ぎ、スマホ市場は、韓国Samsung, 中国Hauwei, 米国Appleの3社が世界をほぼ3分割している。問題は中国スマホHauweiには特殊回路が組み込まれて使用者の情報が中国政府に筒抜けになる設計だと警告されており、米国がその危険性を発表して全世界が警戒し始めた。驚いた中国政府はそのような秘密回路の存在を否定するが、一旦危険視され始めた中国スマホは世界市場から締め出される見通しになった。                                                                                                              
安倍首相は北方4島返還を実現するためプーチン大統領と10回以上の直接会談を繰り替えしているが 日本とロシアが接近する危険性を欧米は警戒している。佐藤元首相の沖縄返還を見習い、安倍首相は北方4島返還を実現しようと執念を燃やすが、プーチン大統領を口説き落とすのは至難だと世界は見る。日本がロシアと親密になることは中国に対する抑圧カードになると思われているかも知れない。確かに中国とロシアは基本的には根深いライバル関係にあるが、資源の輸出入、対アメリカ戦略等で両国は協力する局面が多く、日本が期待する対中抑止力は期待できないと欧米の戦略家は断言する。                                                                                     
特にプーチン大統領は 自国民保護を名目にル―マニア東部を占拠し、クリミヤ半島奪取、更には米国大統領選挙に干渉など、大国とは言えないと乱暴な国家である。北方4島を外交で取り返すことは殆んど不可能だと私は思う。4島全島は早急に諦めて、歯舞,色丹,国後の合計で全島の35%面積の3島返還に的を絞り、多数のロシア人が住む最大の択捉島は諦める時期だと思う。65%の択捉島をロシアに譲って、小さな3島に的を絞り、早急に日ロ交渉を完結する時期だと私は思っている次第。                   


mh3944 at 14:24│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔