2019年04月27日

190427 事務職/技術職

先週日曜のTBSテレビの日曜劇場、集団左遷、を見た。少々誇張はあるが、技術屋の私には無縁な銀行マンの世界を初めて垣間見た気持ちで大変面白かった。  
           
廃店が内定している南関東の某支店長に任命された新人の福山雅治が、古参の香川照之副支店長と繰り広げる主導権争い、演技過剰気味の銀行常務の三上博史の威圧的言動など、技術一筋の私には興味深い世界であった。近くの某都市銀行OBに話すと、銀行は完全に学閥社会であり、非学歴組には苦しい世界だと気色ばんで話し始めた。現役時代に権威を振るった幹部達はOB会に出ると元部下達に囲まれて袋叩きに遭うから絶対に参加しないという。                      
                                  
確かに私の50余年のサラリーマン人生活でも人間関係のトラブルは多発し、田舎者の私には悩みの連続だったが、親分/子分とか学閥関係が大きく影響する事務職とは違い、技術分野には技術という厳然たる現実があり、その良否は誰も否定できない事実であり、不器用な私でも技術で勝負すれば負けないという安心感があった。

工学部を卒業した私は自分の意思で中堅米国系化学会社(尼崎)の研究部門に入社した。大学同期の友人達は全て、三菱化成、三井化学、住友化学、東レ、旭化成、宇部興産、松下電工、丸善石油、ブリジストン、旭ガラス、日石、昭和電工、徳ソー、東ソー、鐘淵化学、…….と全員が巨大企業を選び、大学教授も卒業生を大企業に送り込むことが自慢の高校レベルの就職担当であった。しかしクソ真面目で人間関係を好まない私は、敢えて財閥を避けて中小企業に会社人生を賭け、誰も知らない日米合弁の日本ライヒホールドという新進会社に入社して、財閥企業を期待していた親や兄弟達を悲しませてしまった。                 
                                                                             
入社した私は研究開発に従事したが、内心は野望に燃えていた。定時退社する友人達は、大阪キタの繁華街に繰り出して遊ぶのを自慢していたが、私は夜学を志し、神戸大学経営部(夜間)に通い始めて、新しい世界を勉強し続けていた。しかし夜は麻雀荘に入り浸りの上司K課長に見つかって厳しい叱責を受け、即刻退学を命じられた。理由は自分が知らない学問は部下も学ぶ必要ナシと断言した。従わなければ遠隔の石川県美川工場に転勤させると脅かした。私には大ショックだったが受け入れる以外に道無く、退学と偽って休学届を出したが、2年後に上司が転勤したのを機会に再び復学し、遂に経営学士号を取得した。しかし資格取得だけでは不満足な私は腕試しの機会を狙っていたが、時を同じくして募集されていた、企業活性化の懸賞論文募集に参加しようと決めた。美辞麗句を散りばめた素人論文は煮ても焼いても食えないが、私は事実に語らせる作戦をとり、実証データを多用して説得力ある論文を半年かけて作成した。異色で少々粗削りではあったが、この論文は高く評価されて、見事に一等賞になり周りを驚愕させた。                                                   
                                               
事務系と違って、技術職は専門技術からは離れることができず、技術系幹部が大きな人事権を持っているが、私の懸賞論文を読んだ社長は、私を技術部門から引き抜き、本社企画課長に抜擢した。技術部長は激怒したが、私は技術部門の牢獄からやっと解放されて、活動分野が一挙に世界に拡大した。


企画部長に昇進した私は、世界への飛躍を狙って、米国医薬系企業との合弁会社を企画し設立した。合弁会社の頭に年配社長を探したが殆どの先輩は忌避した。将来像が全く分からない医薬品事業の社長職は恐怖以外の何ものでもなかったようだ。誰も引き受けtない本件企画は、結局私が新会社のTOPを担うことになった。年功序列の社会では考えられない抜擢だったが、失うものがない私には、40代で新事業の社長を担当できることは痛快で素晴らしいチャンスだった。10余年の社長職で医薬合弁企業は大きく成長したが、赤字体質を解消できず内心では倦怠感も感じ始めていた私は、定年と共に合弁会社社長を退社した。そして今度は自己資金で臨床検査機器のメンテナンス会社を設立して、自己責任で事業経営を始めて20余年が経過し今や傘寿を超えた老齢になった。                          
                              
若い事務系や営業職を目指す若者達も、企業に入ると必ず学閥や複雑な人間関係に悩まされることになるが、もし打開の目途が無い時は、視野を拡大して技術分野にも踏み込むと、新しい世界が開けてくることも頭の隅の入れておけば、新しい方向転換ができる機会があると知っておくとよい。






mh3944 at 08:31│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔