2019年06月27日

190627 過激な地方自治 

 
技術屋の私には、社会常識が少々欠けていることは承知しているが、それにしても日本の地方自治は我儘過ぎて、常軌を逸しているのではないかと常日頃から感じている。
                   
先日もイージス-アショア設置計画の説明会が、秋田と山口で開かれたが、防衛庁側のミスで会議が大荒れして議論に入れなかった。秋田では周囲の山の高さ715mを3m間違えて議論が紛糾した。更に防衛庁の某氏の居眠りが発覚して、真剣度が足らないと住民側の若者が激怒して説明会は流会になった。居眠りは確かに良くないが、やっと説明会にこぎ付けた疲れもあっただろうし、若者は激怒の振りして説明会を潰す口実にしたのかも知れない。 
                                 
地元民の反対理由に、イージスアショアを設置すると真っ先に地元が狙われて危険だとの主張があるがそれも少々勝手すぎる。敵は真っ先に首都東京を狙って通信機能をマヒさせるのは当然であり、彼の理屈では、首都は狙われても仕方ないが、秋田が狙われるのは困るとも解釈される。首都は潰れても秋田は生き残りたいとの意見のほうが、よほど無責任で幼稚だと思う。私は常に狙われる東京の近郊に住んでいるが、ミサイル防衛は秋田山口だけではなく、全国民が各々置かれた地域で防衛する義務があり、秋田だけが生き残ることは不可能なのだ。                              
                                    
秋田山口は一例だが、反基地運動に熱中している沖縄も無責任の典型だ。沖縄の反米運動には外国資金や第三国人も含まれていると言われ、歴代の県知事や、現在の玉城デニー知事も基地反対一辺倒で、一般行政は部下に任せて、ご自分は反米運動に熱中している。殆んどの地方市町村は過疎と人口減で苦しい政治を続けているにも拘らず、小さな沖縄だけは例外で、温暖な気候に恵まれて観光産業が盛んだが、年間3000憶円もの交付金も受けて、知事不在でも地元産業は活況を続けるから、反米運動に専念しても平気なのだろう。 
 
先日も中国空母遼寧ら6隻の戦艦が尖閣石垣から沖縄ギリギリを通過した時、海上巡視艇が領海から離れるように厳しく警報を発し続けたことに、玉城デニー知事が中国に刺激を与えるべきではないと本音を漏らして、周辺市町村が猛反発し、慌てて発言を取り消したが、日本を守るべき最前線の沖縄知事の本心が、威嚇しながら通過する中国空母艦隊を歓迎している姿は、日本の県知事としては許せない裏切りである。            
                                        
中央政治が地方自治に口を挟むことは控えるべきだろうが、外国戦艦が日本領土に接近する時、その防衛に当たる部隊にまで地方首長が口を挟む権利は毛頭ない。イージスアショアの設置に関しても、地方市町村に説明し地元意見を尊重すべきだが、最終決定は国の権限であり、地元の介入は許されない。   

第二次世界大戦に敗退してタナボタで民主国家になった日本は、自由勝手な発言が大歓迎され易いが、我国の内外には中国等の手が伸びており、外国人が地元に住みついて防衛政策に介入しているとも言われ、日本の弱体化を図ることが常態化している現状は決して見逃してはならい。攻撃用ではなく防衛基地のイージスアショア計画まで妨害して、日本の防衛政策を混乱させる若者やニセ地元人が多いことに大きな憂いを感じている。



mh3944 at 08:56│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔