2019年09月22日

190922 ガラケーが恥ずかしい

           
ありふれた話しで恐縮だが、ある年配女性が ガラケは恥ずかしいので スマホに変えようか否かの紙上相談に、賛成派と反対派が意見を戦わせていた。当人はガラケーで間に合っているが少々恥ずかしい、しかし多機能スマホは使いきれそうにない!と悩み、賛成派はスマホを使うと新しい世界が開ける、もし諦めると一生後悔すると。反対派はガラケーで間に合えば高料金のスマホに変える必要はない、と主張する。ガラケー愛用の私もこの議論を興味深く読んだ。                
                                    
八十路の私は社員3名でロボット保守管理業を自営する零細企業オヤジで、社内はPC4台、ガラケー3台、タブレット1台、固定電話/FAXを使っており、ITのお陰で、日常業務は私一人が殆どPCで処理しており、固定電話も転送で十分間に合い、スマホに変更する必要は全く感じていない。特にガラケーの料金は安く3台合計で月6,000円前後と、スマホ1台分の料金で経費節減が必須の零細企業者は 格好などを言っておられない。当社はユニークなIT業も手掛けており、アイデアさえあればガラケー + PCでも有益なIT事業を起業できている。            
                                       
確かに多数のアプリが使えるスマホは超利便で、単機能のガラケーでは恥ずかしさも無くはないが、高齢で鈍感な私は大枚を払ってまでスマホに変える気持ちはない。特に我が国のスマホ料金は欧米の2倍以上と高く、寡占利益を貪るdocomo, au, softbankの3社に貢献する気持ちはさらさらない。トヨタ、新日鉄など一般企業が長年 苦心惨憺して生み出す利益レベルを、これらIT企業は簡単に計上できるのは典型的な独占事業の弊害であり、内心では許せない気分が私にはある。


幸運にもIT時代で好況を博しているこれら寡占企業は、その幸運を自分の実力と過信している例が多く、例えば月旅行一番乗りを宣言したZOZO-Townの前澤社長などは浮かれ経営者の代表例ではないだろうか。 欧米料金レベルに値下げするよう政府は再三催促しており、その値下げが実現した暁にはスマホに買い替えてもよいとは思っている。                      
                                      
私がスマホを好きになれない理由は他にもある。それはスマホの利便性に溺れて、若者達が軽薄になっているのでは?との不安がある。彼らは目が覚めると直ぐに世界の出来ごとをスマホでレビューして安心するが、その超利便性に酔って、各ニュースの深い裏事情を考える習慣を失っているのではないだうか。      
                                      
例えば英国が、多くの効率性を放棄してEUから離脱しようとする裏には、誇り高い英国紳士のプライドが隠されていることを理解しているだろうか。中国がITで世界制覇を狙っている現実、韓国文大統領の親北反日の裏には、北朝鮮と連合して核ミサイルを入手して日本を圧倒したい執念が隠されており、執拗に騒ぎ続ける香港市民は、中国政権下の奴隷生活は嫌だが お隣り深圳に国際金融センターの地位を奪われそうな現実、経済は貧弱だが軍事力だけは絶対に世界最強を維持したいプーチン大統領の心情など、ニュース裏の深淵な現実を考る余裕を 若者達から奪っているほうが余程恐ろしいと私は思っている次第。            


mh3944 at 08:28│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔