2019年11月27日

191127 花見論議より憲法議論

テレビに映る新宿御苑の桜は本当に美しかった。咲き誇る桜の下で、安倍首相以下の錚々たる政府要人と多数の招待客が観賞する桜も見事だった。しかし半年過ぎた今頃になって、あれは公的資金を使って選挙運動ではないかと大騒ぎになっている。内閣府の役人達は直後に招待客名簿を焼却したという。全く子供騙しのケンカだ。             

税金を使って選挙区の人々を招待するのは法律違法に決まっている。その招待客名簿を発覚する直前に予定通り焼却したとの説明もインチキに決まっている。モリカケ事件に凝りもせず安倍昭恵夫人は招待客と一緒に嬉しそうにポーズしている。その前は河井法務大臣夫人が参院選挙運動のウグイス嬢に法定2倍の日当を払い、菅原経産相は選挙民にメロンやカニを配って両大臣が辞任したのも当然である。しかしこのような些事は、関係者が正式に詫びて責任を取ればそれで終わりであり、最高機関の国会で議員達が血相を変えて連日大騒ぎを続ける価値があるのだろうか?   

それよりもより緊急重大な案件が山ほどある筈だ。例えば憲法改正問題を何故真剣に議論しないのか、膨れ上がる福利厚生予算を如何に抑制して財政健全化を図るか、若者達が結婚せず 街には老人ばかり溢れて衰退しつつある日本の国力を如何に回復するか等、真剣に議論すべき案件だ。或いは逃げ場のない幼児や子供達を虐待から守る対策のほうが、花見論争や選挙でメロン,カニを配る法律違反よりも、余程緊急な案件だが、議論が一向に進まない。自民党から提案される憲法改正案に野党は何故正面から堂々と議論しないのか。     

原発再稼働問題や、人口減少問題に如何に対応するか、は難解な問題であるが、見守るだけでは決して済まされない。反対であれば修正案を出し 賛成であれば与党案に同意すべきだが、野党は憲法問題からは逃げ回り、人口問題には無策で対案がなく、暇つぶしに花見や香典ばかりに熱中する無駄はやめてほしいものだ。         



mh3944 at 10:16│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔