2019年12月31日

191231 ペットとの生活

我が家に柴の幼犬Pがやってきて2年が経過した。雨でも風でも毎朝30分と夕方1時間の散歩が欠かせないのはかなり苦労だが、健康には良い筈と言い訳しながら朝夕歩いている。ペットの飼育は子供の養育と似ており、家庭に話題が増え、上手く育てると本当に優しい家族の一員になる。             
                                            
初めに犬のトレイナーから教えられた、犬を叩くことは厳禁、優しく接することが原則、悪事を犯したら間髪を入れず何が悪いかを犬に教えることを指導された。時間が過ぎて怒ると何が悪いのか犬にはわからず 不信感を持つ、などのルールを守りながらPを育てると 段々と信頼し合える関係になってきたが、まだ試行錯誤中のこともある。例えば転がってきた他人のボールを口にくわえて放さず それを取り戻そうとするとPは激しく抵抗する。何とか友好的にボールを取り戻したいがなかなか難しい。
                                              
社会はペットブームで、ダックスやトイプードル等の小型犬と、柴等の中型犬が主流だが、私の街には柴が多く直ぐに仲良しグループができた。ペット同志の付き合いは飼主同志の付き合いであり、犬の悪口は絶対にタブーだ。ペットは実の子以上に愛しい家族の一員であり、ペットに話しかけることを飼主は一部始終聞いている。忙しい朝と違って夕方には、多数の犬仲間が広いグランドに集まる。10匹以上の柴が走り回る光景には通行人も目を見張る。運動不足のペットには広いグランドを走り回るのが最高のリフレッシュだが、飼い主には重労働で耐えられず、犬同志に任せて競い合わせている。
                                            
西洋犬の多くは温厚だが 日本犬は性格が厳しく気を使うことが多々ある。更に同じ柴犬でも 元気に走り回る犬、特定の相手と組みあい戦うのが好きな犬、自分より小型の相手と遊ぶのが好きな犬、遊びよりエサが欲しくて飼主間を歩き回る犬、殆んど動かず静かに見守っている犬、などなど多種多様だが、Pは優しい性格で小型犬に追っかけられて逃げ回るのが好きだ。小型犬が相手だと安心して振り返りながら何周も走り回るが、中型犬以上に追っかけられると恐怖を感じてか直ぐに止まって 怒りの形相で相手犬を威嚇する。 仲間のKは可愛いいメス柴だが気性は激しく不慣れな人には噛みつくが、同じく気性の激しい雑種のRが大好きな遊び相手で、出会うと直ぐに2匹は激しく組み合って遊ぶが、時々本気のケンカに展開することもある。
                                            
多くの柴犬は仲間同士で遊ぶのが好きだが 飼主次第では、遊び方を知らないまま成長した数匹もおり、彼らは社交性が乏しく不用意に近寄ると警戒して噛まれる。幼犬の間に仲間同志の遊びを学ばせることが大切なのは我々人間と同じだ。 訓練ナシで育った犬は警戒心が異常に強く、番犬には最適だがペットとしては不合格だ。ペットは殆どの時間を飼主と過ごす為、飼い主の性格がペットに反映して、社交性のある犬、警戒心が強い犬、静かな犬、など千差万別に育つ。
                                            
ペットは若い間は元気で本当に可愛いが、中年を過ぎると病気になり易い。雑種は健康で病気に強いが、近親交配の血統犬は寿命も短かく動物病院の世話になることが多い、全て自由診療で経済的な負担も大きい。遊び仲間の先輩Rちゃんも、白内障で目が見えなくなって既に1年近く経つがまだ永らえており、飼主には苦しい日々が続く。生き物はお互いに寿命が避けられないが、私と同時期に生を受けたPには 可能な限り生き甲斐ある環境を提供してやろうと思っている次第。
                                     



mh3944 at 09:26│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔