2020年02月19日

200219 ILCよりポスドク対策

素粒子の究極を確かめようと、岩手の北上山地に1兆円を投じて長さ30kmのトンネルを掘る巨大プロジェクト、国際リニアコライダー計画を促進すべく技術者集団が気勢を上げている。膨大な予算を単一プロジェクトに投じると一般の科学予算が圧迫されると 財務省は渋っている。では規模を20Kmに縮めて8000億円でやらせろと、技術者集団は修正案を出してきた。確かに短くすれば予算も若干は減るだろう。しかし本計画には付随して必要な巨額の予算が隠されていると私は疑っている。
                                           
それは遠く離れた北上山中の加速器装置と仙台市を結ぶ道路や、多数の外国科学者やその家族が来日して居住する住居環境とか 子供たちの教育施設など関連の諸予算等が全て無視されており、トンネル工事が始まった段階で、宮城県や仙台市、周辺の市町村から、東北復興予算の追加項目として申請する作戦だろうと思われる。本プロジェクトは確かに我国物理学会が世界に誇る最先端分野であり、ILCによって宇宙の始まりである「ビッグバン」から1兆分の1秒後の状態を、人為的に再現することで、未知なる素粒子を探索し 宇宙誕生の謎を解明するプロジェクトで、早急に進めないと 計画本体を中国に持っていかれると技術者陣は政府を脅かしている。                        
                                           
しかし私は疑問を感じている。 確かに素粒子の究極を研究することは有意義だろうが、それより優先して巨額予算を必要としている分野が他にあると思うのだ。例えば大学や研究機関等で短期契約で毎日追いまくられているポストドクター達への研究予算の配布は、ILCより重要だと私は思う。 仮に1兆円あれば、2万人のポスドク研究員の10年間の生活費にも相当する巨大な金額であり、彼らが真剣に研究できる環境整備のほうが ILCより余程重要だと思う。例えば全国100大学の研究所で各200人のポストドクター諸兄が生活する給与を500万円とすると、@500万円x 200人 x 100研究室 x 10年 =1兆円の計算になる。 これほどの巨額予算を 当たるも八卦、外れるも八卦の ILCに充当するのは、余りにも勝手過ぎると思う。こんな無謀な計画は中国にやらせておけばよいだろう。 中国は近距離なので短期出張の繰返しでも日本人学者は素粒子の研究ができるだろう。ポストドクター諸氏に予算配分すれば、ILC並みの優秀な成果を上げうる研究者もいる可能性もあり、お先き真っ暗な環境のなかで もがき苦しんでいるポストドクター達が 安心して研究できる予算を措置する方が 余程効果的で、かつ人道的でもあると私は思う。           
                                                                                 
中国も馬鹿ではなく、国内環境が厳しいなかで、このような見通不明のILCプロジェクトに巨額予算を投じるのは簡単には結論を出せないだろう。中国の影は オオカミ少年と同じで、技術者陣が財務省や文部科学省を脅かす合言葉だろうが、中国も簡単に突入する勇気はないと私は思う。もし本邦技術陣が本気で国内でやるつもりなら、8000億円を更に大幅に削減する新提案でも出せば再考してもよいと思う。大型工事が続く東北地方は 国の仕事で土建業者が潤い、工事費など資材や人件費が高騰している土地であり、実験現場の研究施設や、外国人の居住環境を整備する為に、8000億円以外に多額の追加予算が必要なのは避けられない。そのような遠隔で不便な荒野に研究所を建設するのではなく 代替地として 福岡市近郊には ILCプロジェクトに最適の背振山地があり、周辺には研究施設も既設で多数の外国人も住んでおり、その子供達のアメリカンスクールもある近郊温暖な文化都市なのだ。そこは 物価水準も安くて優れた住環境であることは ILC関係者も知っているが、知らない振りして、我々企業と一般市民が汗と涙で稼ぎ出した税金を無駄使いしようとしているのだ。もっと真面目に考えて欲しいものだ。    
                                             




mh3944 at 10:40│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔