2020年03月25日

200325 テレワーク時代の到来

  
昨年暮れ中国武漢で発生した新型コロナウイルスは中国政府の隠蔽工作の間に、外部に拡散して 世界は大混乱に陥った。世界中の都市は宇宙人来襲前夜のように 街角から人影が失せ て震い上がっている。東京丸の内も、電車ガラガラ、都心の人影もまばらで異様な雰囲気だ。夢を膨らませていた新卒学生も 次々と内定を取り消されて顔面蒼白、中国ワイロに洗脳されたWHOテドロス事務局長は自分の責任を忘れて中国の隠蔽作戦に乗り、アフリカにまで拡散したので 母国エチオピアも大惨事にななった。            
政府は 混雑する都心集中を避けてテレワークを叫び始めたが、欧米と違って出勤ラッシュで目覚める日本のサラリーマンは 自宅業務ではクビにならないかと不安になる。私は8年前に都内の事務所を郊外の自宅近くに移したが、快適なテレワークを満喫している。20年前の定年を機に都内に自営会社を設立したが、高額な家賃と交通費に苦し、東北大震災を機に、利根川近くの民間シェア-オフィスに事務所を移した。自宅から通勤徒歩10分で、時折の都内出勤、通常は 電話+メールでのテレワークし、他社社員も同居するので、刺激も適度にあり情報も入る。午後は早めに帰宅して柴犬の散歩が日課、徒歩通勤、家賃格安、空気清浄、安い物価と、快適なテレワークを堪能している。   
                                            
すぐ駅前にある大手スーパーは 1F食糧品コ-ナーだけが繁盛で、2F衣料品店等はガラガラ状態、派手な遊戯機械が多数並んでいるが 子供達は見向きもしない。この駅前ビルを市役所が貸借して、シェア-オフィスに改造し、数十人の市内若者達に月額2万円で貸与すれば、苦闘する若者達も集まってベンチャーや起業が進むのは確実だと、市役所に説き説明会も開いたが、リスクを恐れる市幹部は提案に興味を示さず 4年経った今も空室のまま放置されている。   
                                          
日本の労働生産性は世界的に低いことは有名であり、特にホワイカラ-の労働生産性は欧米に比べて格段に劣るという。わが国の支店長や部長連中は 業務効率より 平穏無難なサラリーマン生活を重視する。彼らは格好良く大声で話すが内容ゼロで、マスコミ意見の受け売り、自分のユニークな意見は殆どなく 、酒ナシでは本音を全く語らない。   

近年の若者達は、組織に縛られたくない個人事業主(フリ-ランス)志向者が多く、小学生も将来の夢はユーチュバーで世界を相手に稼ぐことを目指すが、頑固頭の親は猛反対し、有名大学から大企業,公務員に進むのが最高だと反論する。しかしそれは平穏な時代を過ごしてきた親達の処世術であり、現代社会には全く通用しないことを理解していないのだ。    

私の自営会社は零細だが複雑な精密機械の保守とITビジネスが仕事で、年商2,000万円足らずだが、もし年功自慢の無能な管理職を一人でも雇うと たちまち赤字会社に転落する。従って私は、社長+営業部長+管理部長+企画部長+雑用部長。。。と殆どの業務を自分が担当する。野球で言えば Pitcher +Catcher+守備と 苦しさはあるが 、分からない部分は外部アドバイサーにも頼る。シェアーオフィスには異業種の仲間達もいて、雑談しながら貴重なヒントや起業アイデアを得ることもできる。 今回の新型コロナウイルスは世界に大ショックを与えたが、これを契機に我国にも テレワーク業務を本気で検討すべきだと思う。         





mh3944 at 09:19│Comments(1) ビジネス 

この記事へのコメント

1. Posted by 高橋直之   2020年04月01日 16:42
4 久しぶりに読ませていただきました。
生き方、働きかたの改革のチャンスと思います。1方なかなか変わらないのも世の中。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔