2020年08月08日

200809 スマホが高い

     
傘寿過ぎの私はPC+ガラケ-を常用し、家内はタブレット+ガラケ−だ。携帯会社はスマホに移行するよう執拗に催促するが、ガラケ-で十分間に合っているので、高いスマホに変更する気は無い。スマホは画面が小さく複雑で、何より欧州や韓国の2倍の高料金が気に食わない。  
  
経済原論で必ず習うが 独占経済は自由競争が無いので 価格は高止まりするというが全くその通り、スマホの料金はヨーロッパ,韓国の2倍以上とは呆れてしまう。米国でもIT企業の独占弊害が問題になっており、独占企業は顧客サービスの感覚が殆ど無い。プロ野球でもソフトバンクと楽天の選手は給料がずば抜けて高いのは IT企業の経済感覚が薄いからである。広島カープなど市民チームは 給料が低くても若手選手が懸命に頑張っているのをもっと見習うべきだろう。 
                                           
昼食時のレストランは女性客が多く、4〜5人連れが入ってきて何を食べようかと賑やかに相談する。注文を終えると途端に彼女達は急変して お喋りを止め全員が自分のスマホを読み始める。その雰囲気の急変には本当に驚くばかりだ。友人なら、話すことは山ほどある筈だが 彼女達は 全く黙りこんで自分のスマホに見入るのは本当に不思議な現象だ。  
                                            
彼女達は ニュースかゲームかゴッシップなど 何を見ているのか分からないが お互いに楽しい筈のお喋りをスキップして、スマホに見入るのだ。それほどスマホは魅力的なのだろうか。確かに日常を忘れてスマホ狂になり、会社にも出勤せず 自宅の暗い部屋に閉じこもってゲームを続け、現実から逃避する若者や中年が多いのは聞くが、彼らは長い人生を如何に生きようと考えているのだろうか? 大昔に大宅壮一が 低俗なテレビの普及を一億総白痴と嘆いたが、今度はネット総白痴化と言えるかも知れない。 
                                            
動物の世界では子供が成長すると必ず親から追い出される。我々の子供時代も 学校を終えると直ぐに家を出て,自分のメシは自分で稼ぐのが当たり前だったが、少子化の今日では、成人しても年金暮らしの親と同居し続けても何の文句も言われない。ゲームアプリも益々充実して 大人も子供も我を忘れてスマホに夢中になる時代だが、パチンコと似てゲームは決して生産的な業務とは言えず好きになれない。
                                           
私一人が嘆いても、世界はスマホ社会に変わるのは分かっている。せめてもの願いは、料金を半分に下げて欲しいと思っている。幸い後発の楽天が月3,000円で3社独占の市場に切り込むそうだから、来年にはスマホに切り替えようかと思っている次第。    



mh3944 at 08:21│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔