2020年08月31日

200831 猛暑は終わる? 

   
今日で8月が終わった。早朝散歩に勇んで飛び出す愛犬も、猛暑を嫌って用足し終えると直ぐ向きを変えて戻る。気象予報士は9月には平年になると言うが、異常続きの気象は本当に心配になる。コロナ騒動で、無謀な若者達のドンチャン騒ぎが減り喜ばしいことだが 関連業界は青息吐息のままだ、金儲けに狂乱する人間社会を見直すチャンスだと私は思う。 
                                            
今年は終戦75周年 苦闘した先輩祖先に思いを寄せる、新聞テレビは平和と日本憲法の重要性を説き 軍備増強には反対する。私の義父も南シナ海で潜水艦の餌食になったが、その南シナ海を中国は完全に軍事基地にしてしまった。次は東シナ海と、漁船に偽装した数千隻の大軍団を尖閣周辺に送り込み、実質的に占拠する作戦らしい。 米国ポンペオ国務長官が 尖閣は防衛すると発言した為、中國海軍と海上自衛隊が相対する危険は避けられそうだが、南シナ海での領海拡大に成功した中国は、台湾と尖閣周辺の占拠作戦を本気で開始し始めた。   
                                           
中国は200基の中距離ミサイル 東風D-24 D-26を グアムと日本主要都市に照準を合わせている。北朝鮮も移動型ミサイル ノドンを10〜20基ほど日本と沖縄に向けているらしい。15分で日本上空に到達するこれらのミサイルを防ぐには、相手国の発射基地を攻撃できる能力が必要だとの議論が 軍事専門家から出ているが、平和論者達や野党は怒声を上げて反対しする。朝日系記者が安倍首相に、相手国の攻撃は、中國、ロシア、北朝鮮の事前了解を得ているのかと、質問して嘲笑を誘った。玄関鍵を2重にする計画をドロボウに相談するのと同じトンチンカン質問で、わが国マスコミ記者の幼稚さを象徴している。平和憲法は万人が認める人類最高の規範だが、我が国だけが主張しても 中国やロシア 北朝鮮は嘲笑するだけだ。平和論者の本心は、国土を守ることより、自分の組織内の地位を維持する為の発言であり、何とも恥ずかしい限りだ。   
                                             
もし野党やマスコミが本気なら、東シナ海尖閣に執念を燃やす習近平を 如何に止めさせるか具体案を教えて欲しい。竹島を違法占領し続ける韓国をどう説得して取り戻すか具体的なアイデアを聞かせて欲しい。安倍首相が苦闘した北方4島返還を如何に実現するか方針だけでも教えて欲しい。狂気の金正恩が日本を標的にした移動式ミサイルを如何に撤去させるのか。アイデアや対案もなく、平和憲法を説くのは、田舎坊主の空念仏と同じで 全く無責任で低能な平和論者のたわごとに過ぎない。    
           


mh3944 at 10:16│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔