2020年09月25日

200925 余生の過ごし方 

1) 会社を定年退職した後、私は余生をどう過ごそうか色々考えていた。 無趣味で社交下手、ゴルフ下手の私は、やはり何か自営で仕事をするのが一番生き甲斐ありそうだと思った。そして子会社社長を退職すると直ちに、失業保険受給手続きも忘れて、ベンチャー設立に走った。プレマーケティングも何もなく、ただ効率悪さを痛感していた精密機械のメンテ代行業をやろうと思った。しかし準備不足は直ぐに露呈して, 当初の2年間は、機器メーカーからは嘲笑され続けて相手にされず、資本金も枯渇し始めて後悔ばかりの毎日だった。 
                                            
2) 走り回っていた時、知人経由で 米国半導体機器メーカーSchemacherが 排煙脱硫装置の清掃作業者を探していると聞こえてきた。サンタクロースの通り道の清掃たぐいだが、お金になるなら何でもやろうと引き受けた。本件業務を懸命に働いたことが同社から評価されて、主力の半導体製造装置の定期点検に話が進み、終には全輸入機器の定期検査、修理、在庫迄を引き受けることになり、自営会社がやっと動き始めた。 
                                                 
3) 暫くすると 当社のDMを見たと、横浜の某社から問合せがあり 長期間使用して汚染した血球カウンターのオーバーホールの打診だった。無数の病人の血液で汚れ切った装置で エイズ、B型肝炎など、全ゆる病原菌で汚染された大型装置の 500本近い微細テフロンパイプの交換作業だ。流石にこれは街中の事務所では作業できず、静岡の田舎倉庫に持ち込んで 完全武装して必死にオーバホールした。それからハイデル印刷機、スパコン冷凍機などに仕事が広がり始め、大手臨床検査センターの親友から 連続検体搬送ラインのROBOT群の24時間保守管理の依頼があった。これは大仕事となり 10年余り担当した。 そして終に20余年が経った。私自身も83の高齢になり 家内も哀願するので、今年3月末に自営会社を清算したが、長年の自営仕事は 珍体験ばかりの波乱万丈で、痛快でもあった。  
                                                                               
4) 我国は65才に定年延長されたが、給料半減、部下ナシでは、昨日迄の部下に司える屈辱はなかなか耐えられない。しかし反発して自営起業に進む元気者も少ない。それでも私は意欲ある諸兄には独立して起業すること勧めたい。   
                                                                                     
5) 確かにリスクはある、しかしIT機器が格段に進んだ今日、全財産を失う危険は小さくなったと思う。的確なテーマさえあれば 割に簡単に起業でき、Safety-netも整備されて 早目に撤退もできる時代になっている。  
                                             
6) 要はテーマが肝心である。 私は誰もが嫌がる 3Kで地味な精密機器のメンテ業が大穴と睨んでスタートした。他社機器のメンテ専門会社は国内には殆ど無かった。仮に失敗で資金が枯渇すれば撤退するつもりだったが、友人運にも恵まれて 大過なく長年続いた。 友人知人を大事にすると 幸運の女神が手を差し伸べてくれるのは本当だと思う。 
                                 
7) 起業する場合、2人組が理想だが、シェアオフィスなら一人でも起業可能だ。私の場合、半導体産業から始まったが、関連機器の種類は極めて多種多様で、各々に特殊技術が必要となり、その人材確保には大変苦労した。地元のシルバー人材センターに相談したが 全く相手にされなかった。理由は外部の市町村の仕事には 人材紹介はできないと拒絶された。 
                                             
8) しかし横浜シルバー人材センターだけは格別だった。非常に特殊な仕事なので 外部の市町村の業務も黙認しましょうとの態度で,高度な特殊技術者を次々と紹介してくれた。人口400万人の横浜市は人材の宝庫であり、市政も柔軟で親切、日本最高の先進都市であり、私のベンチャー軌道乗せの大恩人でもある。                                           
9 ) 個人で仕事をする場合も、はやりIT分野を狙うのが無難だろうと思う。ある知人はHP制作、別の知人はパソコンを出張修理している。テニスの出張指導者もいる。元大学教授の友人は、経験を活かして 地元の小中学生を集めて学習塾を開いているが、これは広範な知識と経験が必要になろう。  
                                           
10) 私の近隣には 定年退職組がゴロゴロいるが、殆どは過去の輝かしい役職が忘れられず、地元コミュティーに溶け込めない。精々月いちゴルフが限界で、地元自治会に参加するものも少ない。同好会の水彩画、カラオケ組、パソコン教室組や、近くの市営農場での作業が精々で 長い月日の経過に耐えている。   
                                             
11) 年配人材の斡旋を独占するシルバー人材センターは本当に無用の長物だ。手賀沼公園にも 同センターの黄色作業服を着た高齢者が掃除作業しているが 顔見知りは一人も居ない。人生を生き抜いた年配者でも、顔見知りが多い自宅周辺のアルバイト作業には抵抗がある。人材センターのお役所仕事には重大な欠陥があり、それは自分の市町村内だけに受託業務を限定し 外部市町村との人材交流や業務交換は厳禁なのだ。その結果 有能な特殊技術者を全く使えない。仕方なく彼らは韓国,中国等に技術を持ち出して働くのだ。わが国のシルバー人材センターは高級特殊技術者には全く対応できず、結局 公園の草取り、道路掃除など、肉体労働人材センターに成り下がっている。近隣の人材センターと業務や人材を交換し融通し合って 高度技術者を国内で活用する意識が全く無いのだ。行政改革担当大臣の河野太郎は、小役人連中の狭歪な意識を是非撃破して欲しいものだ。     
                                         
12) 体力が弱くなった私は シェアオフィスでHPのSEOサービスを始めた。IT時代にはホ-ムペ-ジが花盛りだが その99.9%は誰からも読まれず、情報の深海に眠ったままになっている。 お客様に読まれるのは 検索でTOP頁に表示するごく一部のHPだけで、それは大きな営業効果を発揮する。 このSEOは超特殊技術で 殆ど誰も対応できず、なかなか信用されないが 私は気分爽快に仕事している。    
                    
13) 近くの手賀沼周遊サイクリングや、散策するグループも多い。元気なころ私も土曜日曜は20キロの湖畔周回サイクリングに凝った、周回道路は整備されて高級車組 ママチャリ組、ジョギング組、マラソン組、散策組、写真撮影、野鳥観察グループ、志賀直哉など文豪跡の散歩など色々なグループが入り乱れている。元気と馬力がある年代が過ぎると 段々と抜け落ちてメンバーも入れ替わる。 
                                           
14) 閑なときは私はヨットにも乗っている。ヨットは技術よりも風が大きく左右するスポーツで、選手の技量は不器用でも大差がない珍しいスポーツである。 風が適当な日は 私はいつも近くの桟橋に出掛けてセーリングする。470級ディンギィーの2人乗りシーカラだが、同乗するクルーと人生漫談しながらのセーリングは結構楽しい。環境に恵まれれば最高のレジャーであり お勧めしたい。 どこのマリーナにも 持主が夜逃げして 置き去りした中古艇が多数積んであり、無料で譲ってくれる。
人生90年時代の長い余生を 苦しみながら過ごすのは 如何にも勿体ない。 IT機器を利用して先ずは小さくトライしてみては如何? 


mh3944 at 12:31│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔