2020年10月30日

201030 株屋と不動産業 

コロナ騒動で多くの人々が苦しみもがいている。繁華街の飲食店は殆どが倒産寸前、高額入学金を払って合格した有名大学も 夢見たキャンパスには無縁で 下宿のリモート講義ばかり、有名会社に入社しても自宅でリモート研修、憧れのスチュアーデスになったが 飛行機には乗れず バイトに明け暮れるなど、社会は大混乱に陥っている。もし中国がコロナウイルスを隠蔽せずに 1ケ月早く世界に公表して警鐘を鳴らしていたら、100万人以上の犠牲者を出す大惨事に迄はならなかっただろうと思う。
                                           
しかし株式マーケットだけは相変わらず盛況で、日経平均は年初から125%上がったという。政府は経済活性化の為、巨額資金を市中に注ぎ込み、株価は上昇を続けてコロナ格差を生み出している。前々から私は株屋と不動産業は余り好きでない。理由はその信頼性で、どちらも本質的には騙し合い産業だからである。社会がこれほど大不況に苦しんでいるにも拘わらず株屋だけが大儲けし、米国では15年間も 所得税を払っていないトランプ大統領が大富豪になっているのだ。トランプは自分の納税には問題なく、米国の会計ルールに問題があるのだと言訳けする。要は脱税専門家を雇って操作すれば 納税せずに億万長者になれるらしい。 
                                        
誰でも学校を卒業すると何らか職業に就職し、生涯かけて技能を習得してその道の専門家になる。少し飛躍するが、刺激型ES細胞を研究していた元理研の小保方晴子さんも 初めはインチキ性に疑問視していただろうが、早く成果を出すことを迫られて怪しいデータを使い始めた。立派すぎる成果に驚いた世界が騒ぎ始め、衆目の下で証明することを迫られて終に露呈した。彼女自身も早く疑念を晴らそうと 懸命に解決方法を探っていただろうが間に合わなかった。ソウル大学の黄禹錫元教授も、世界で初めてヒト型ES細胞を製作したと大評判になり、韓国最高の栄誉賞を授与され インチキを積み重ねて 遂に逃げ場を失い、教授職を追われて有罪判決をうけた。 
                                           
現代 最も過酷な職業はシステムエンジニアーである。 我が国でも100万人近いプログラマーが寝食を忘れて新ソフトの開発に没頭している。しかしプログラミング開発は非常に厳しい3K業務であり、完璧を求められる。我が家の近くにも、髭は伸び放題で幽霊のような姿で 夜遅くまで仕事している若者がいるが 妻と双子の愛児を抱えて 生きる為に必死に苦闘している。立派だという以外に言葉が無い。

                                          
株屋さんも一生かけて学ぶだろうが 多分何も残らないと思う。あるとすれば他人を如何に騙し マーケットを騙して 自分だけが儲けるテクニークだろうが 何とも空しい職業だ。トランプ大統領の不動産業も 安く仕入れて高く売るだけで余り尊敬に値しない。最も安全した職業は はやはり公務員だろうが これも私の好みではない。難関の上級国家公務員は別としても 多くの公務員は、危険や冒険を避けた安全最優先の職場である。 倒産の危険は無いが やはり夢や感動もない職業であり 燃焼し切れない一生にならないかと心配に思う。           


mh3944 at 13:26│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔