2020年12月24日

201224 名門企業の没落 

今年には想像もできない一年になってしまった。コロナ騒動で、殆んどの市民は外出を控えて自宅待機を強いられているが、このまま仕事ナシ,給料だけが続く訳は無く、そのうちリストラや減給になることを恐れている。ワクチンが早く完成して正常な日常活動が戻ることを祈るばかりだ。  
                                           
堅実経営で名声を馳せた大塚家具も ニトリ等の低価格家具に押されて業績不振に陥り、娘の新社長と争った創業者は追放されたが、 娘も力尽きて遂にヤマダ電機に買収されてしまった。高級家具の密着販売に固執した創業者の時代錯誤は明らかだが、娘社長の中級家具解放方針でも業績は再興できなかった。現代はニトリの低価格規格家具の全盛時代となり、 私もニトリ家具を愛用している。しかしニトリにも色々な問題が内蔵しており、コスト削減を至上命題とした結果、耐久性に欠けて 故障が続発していることは問題だと言われている。  
                                           
私も東京事務所を引き払って、郊外に移転した際、事務デスク,椅子,棚など全でニトリ製品に切り替えて快適に使っていたが、まだ5〜6年しか経っていない昨今、色々な故障が続発して往生している。例えば、本棚や事務デスクは小さなネジがひとつふたつと脱落して引出しが動かなくなり、恰好良い回転椅子は高さ調整レバーが故障して上下げ不能になり、更には回転椅子キャスターのプラスティック部分が座屈して 椅子の前後移動が不自由になり、応急的にエポキシ樹脂で補強して使っている次第。一度は販売店に椅子を運んで交渉したが、単なる応急手当てに終わってしまった。
                                            
ニトリ家具のネジは細くて短く締付けが不十分、キャスター輪軸のプラ部分は強度不足、上下レバーの不具合、レザーは安物で直ぐひび割れするなど 色々な問題が多く、その内マスコミに察知されると、ニトリは窮地に追いやられるだろうと思う。社長の強い意思で高成長を続けているのはご立派だが、病魔が徐々に企業体質を犯して 品質管理体制が追い付かなくなり、終には事業基盤を揺がす大事件に発展する例はいくらでもある。先日もニトリが中国で製造し輸入販売している浴室用マットがアスベストを含有していることが判明し、240万枚を回収する騒ぎになったと報じている。急成長を囃される企業も、経営者が万全の注意を怠ると、一挙に地獄に落される時代になった。  
                                           

mh3944 at 09:25│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔