2021年01月07日

210107 スマホ中毒 

      
評判は良くないが、菅首相はスマホ値下では大きな成果を上げた。欧米の2倍以上の高料金で国民を騙し続けてきた大手3社も、終に今春より欧米レベルへ大幅値下げを強制されることになった。ガラケーで頑張っていた私も これでやっとスマホに変えるつもりになる。 
                                         
先日の昼どき、近くのレストランに5人連れの中年女性がガヤガヤと入ってきた。久し振りの集まりで、何を食べようかと賑やかに話し合い、各々が個別に注文した。しかし注文を終えると途端に 雰囲気が一変した。 彼女達全員は急にお喋りを止めて 自分のスマホを黙々と読み始めたのには驚いた。 久し振りの仲間同志なら話すことが山ほどあるだろうにと思うが スマホの方が重要なのだ。日常生活は完全にスマホに束縛されている。
                                         
彼女達が見入るのは LINEか, Yahooニュースか、You-Tubeか、ゲームか知らないが、完全にスマホ漬けの生活になっている。成人がスマホに夢中になって会社を辞めて自室に籠り ゲームに耽ける話も聞くが、小さなスマホにそこまで人生を束縛されては敵わないと私は思う。昔は学校を卒業すると 親の古い背広を一着貰って 家を出て自活を始めたが、近年の若者達は住心地がよい自宅からなかなか離れない。確かに最近のスマホはアプリが益々充実して 何でも解決してくれる超便利な機器だが、余りにもスマホ漬けの生活では哀れに見える。街頭テレビで若者達の発言も、堂々と歯切れよく自分の意見を言うのは立派だ。しかし彼らの発言は 見掛けは立派でもスマホに大きく影響されており、余り考えず即座に返事するのが格好良いと思っているようだ。少なくとも重要なテーマぐらいは その背景を十分吟味して スマホ情報でなく 自分の意見を言って欲しいものだ。  
                                                                    
大阪出張する時 多くの人はスマホでスケデュールを綺麗に組むが 私はこれが余り好きではない。スマホに縛られて窮屈な一日になってしまうからだ。私は凡その出発時間を決めて自宅を出掛け、東京駅に着くと 一番早く出発するのぞみ最前列の自由席に乗る。大阪で仕事中も帰り時間を余り気にせず、用件を終えると大阪駅に向かい、一番早く出発するのぞみの最後尾の自由席に並んで乗る。昼間の予定が少々変わっても全く平気だ。日々の行動をスマホに決められる生活が好きになれないのだ。スマホを使っていない私の偏屈な意見だから割引いて頂いて結構だが、寝ても覚めてもスマホ漬にだけはなりたくないと思っている次第。 
                                         


mh3944 at 10:27│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔