2021年01月28日

210128 ベンチャー推進の無駄 

      
定年退職後の20年間 私が自営した精密機械の保守会社は昨年清算した。コロナ不況も理由だが、83才の高齢となり 体力も自信が無くなったからだ。無事に会社を閉じて税務署に追い回される生活にも終止符を打ったが、何ものにも縛られず経営できた20年間は本当に充実の余生だった。 
                                             
スタート時に目指した精密機械のメンテ代行業は 誰からも信用されず途方に暮れた。しかし米国のSchumacher社から信頼されて、半導体機器の輸入検査、定期検査、出張修理が軌道に乗り、2〜3年で動き始めた。後半は大手臨床検査センターの自動化ラインのロボット管理だった。その間に、私はHPの検索エンジン最適化にも取り組み、高度なSEO業務も動き始めた。しかし超高齢になり複雑な仕事は後継者も不在で,会社を閉じたが、20余年のベンチャー生活は痛快な日々であった。 
                                            
社会活性化の為、政府はベンチャー起業を奨励し、地方自治体も起業支援セミナを頻繁に開催している。我市も毎年100名以上の参加者を集めて 起業セミナーを繰り返し、市関係者は誇らしそうに自慢する。しかし元市長が私に本音を漏らした。起業セミナーは良いが、応援団ばかりでランナーが居ない と言う。講師は、市場調査、会社設立の方法、銀行口座開設、政府補助金申請など重要な手法を色々教えるが 実際に事業化に進んだ例はごく少ないという。市役所はベンチャー起業率には全く言及しない。石原慎太郎の言う通り、国の投資は税金の無駄使いで、貸借対照表、損益計算書が無く 投資することだけが目的になっており 結果には全く関心がないのだ。
                                                                                         
ベンチャー起業が計画通りに進むことは殆どあり得ず、時には絶望的な危機にも見舞われる。資金が尽きて銀行の取立てに遭っても、自宅を家族に生前譲渡して財産を守る最悪時対応までは誰も教えない。営業マンを雇用しても新しい仕事には全く無力で 直ぐに転職してしまう。現代は徹底的にITを活用して資金節減の運営をしないと、経営は成り立たない時代なのだ。地元の人材シルバ-材センターに人材派遣を頼んでも、人材センターは 市町村をまたがる業務を拒否する。しかし事前にセンタ-本部の責任者に相談しておけば 広範囲の仕事も認めてくれるが、実務経験がない素人講師達は、教科書通り空念仏セミナーの繰り返しで、受講者が厳しいベンチャー社会に飛び込む勇気を与えてくれない。    
                      

mh3944 at 09:13│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔