2021年02月26日

210226 子供の育て方

BS放送などを手掛ける会社に勤めている菅首相の長男が、総務省役人の接待を繰り返していたことが暴露されて、局長クラスを含む主要幹部11名が懲戒処分された。公務員が汚名をあびると出世街道から転落すると言われており、輝かしいキャリア官僚は一転して暗い人生を歩むことになった。 
                                          
息子は別人格で自分とは関係ないと強弁していた菅首相も信用を失った。これでは 年内に行われる衆議院総選挙の先頭に立って戦うことが不可能であり、首相が交代しそうな雰囲気になった。法政大(夜)卒で最高位の首相になり 苦労宰相と称えられた菅首相だが、息子も社内で左遷されて 堂々と働ける場が狭まり苦しい状況になってきた。
                                            
第一報を聞いたとき、用心深い高級役人が 何故かように危険な接待を受けたのか私は不思議だった。また諸事情を熟知の長男も かように危険は接待を何故39回も繰り返したのか理解できない。増して秘密録音のテープまで漏れたのでは不用心の極みだ。菅首相もこの違法接待を全く知らない訳はない筈で、責任が無いとは言えないだろう。
                                                
私の近隣にも 国家公務員を昨年退職した年配女性が住んでいる。彼女は人前を嫌って 目立たない生活を好み、近隣との交流も極めて少ない。キャリアを自負する彼女は公務員重視で 不安定な民間企業を嫌い、二流私大の長男を公務員にしたい一心で地元市役所に就職させた。息子の将来はこれで安定かも知れないが、我々近隣の住民は息子の顔を殆んどみたこともない不愛想な家族で 住民サービスを主務とする地方公務員として 息子に何をさせるのか心配にもなる。兎に角安定した就職先確保が何にも変えられなかったのだろう。安心したのか息子は卒業前に子供もできて母親は大慌てしていた。
                         
人生が安定すると人物をダメにするので私は好きではない。確かに公務員は生活は安定だろうが、世間常識に疎く、激変社会を生き抜く力を養うことは出来ない。現代社会は変化を続けており これからは誰でも安定した生活を保障できない時代だ。子供や孫達には早くから激動社会に放り込んで 自力で生き抜く意欲と力を身に付けることが、長い人生を無事に生き抜くことができる最高の子育てだと私は思う。
                                               
現代は大会社でも、生涯安泰であり続けることは殆ど無い。大企業が不景気に直面してリストラする例は続出している。この荒れる社会を生き抜く為に子供への贈り物は、若い時代に荒波に飛び込み
強い意志と柔軟な対応力を身につけることであり、それが親の義務でもあると思う。
                                           
私は有名大学卒ではあるが 自ら働き甲斐のある中小企業に入社して 自力で這い上がり 日米合弁会社の社長を10余年勤めた。退職後 私は自営の精密機械メンテ会社を設立して20年、無事に傘寿を超えた今、今度はSEOという高難度のIT業務を営業している。子供や孫達も各々厳しい社会の荒波を自力で頑張り、生き抜く意欲を磨いており、社会が劇変しても息子や孫たちは 自力で対応できるだろうと安心している次第。 



mh3944 at 08:30│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔