2021年04月26日

210426 日本学術会議  

日本学術会議がまだ怒っている。政府に任命承認を申請した候補者の内、6人が具体的な説明もなく任命拒否されたままだという。不勉強な私には お偉い先生方が何故怒っているのか理解できず、素朴な疑問が山ほどある。
                                             
1)まず日本学術会議に似た組織が欧米にも色々あるが、その殆どは独立採算制で、自己事業と寄付金で運営されていると聞く。独立組織なら任命問題も無い筈であり 日本学術会議は何故独立採算を目指さないのか? 偉い先生ばかりなので本気になれば 自立も簡単だろう思うのだが。 
                                           
2)日本学術会議は 日本の大学が軍事研究に関係することを拒否している。他方 中国の科学者千人計画には40〜50名の精鋭科学者の参加を認めているが、これは全く矛盾した行動だと思う。中国の千人科学者計画は最先端の科学技術研究で、中國の軍事研究に直結していることを知らない筈はないだろう。日本の軍事研究には反対だが、中國の軍事研究には賛成という意味だが、国の予算を食っている日本学術会議がすることではないだろう。最先端の科学千人計画と軍事研究は違うと子供の言い訳をするだろうが、どのよう基準で科学と応用研究を区別し、国内研究には反対、中国の研究には賛成なのか教えて欲しい。            
                                           
3)米国などの学術会議は色々な報告書を出版して必要経費を稼いでいるが、日本学術会議はそのような実績が殆ど無いと聞く。偉い先生達ばかりだからご自分の経験を活かして、学会や世界に問う提言を色々できる筈だが、何故そのような活動をしないのか? 学術会議の提言が参考になったという話は 国内では殆んど聞こえない。
                                           
4)公的資金で運営しているにも拘わらず、会員構成が民主的ではなく、引退する時は自分の親しい関係者を後任に推薦する傾向が多いと聞くが、それは個人企業のやることで、公的組織にはそれなりの規律に従って交代するべきだと思う。多分形式公募で、実体は任意推薦になっているのだろうが何故か。   
                                         
5)日本学術会議は年10億円を国から受けて常勤事務員が50名いると聞くが、彼等達は何をしているか? 提言書を出版する訳でもなく 仕事が無くて困っていると思う。邪推すれば、仕事は殆んど無い気楽な職場で、自分達の身内に雇用を提供しているだけなら 言語道断であり 直ちに民営化して外部から文句を言われない独立組織にすべきだ。IT時代だから常勤社員は激減の 1/10でも運営できるから 経費も大幅節減でき、新しく提言でもすれば 健全自立な組織に変身できると思うのだが。
                                            
6)コロナ騒動で社会は大混乱し、多数の市民が明日のメシ代まで失う困窮の時代に、一般市民の素朴な疑問には何も答えず、相変わらず日本学術会議の運営方針は正しくて 変更する必要は全くない と声明し、予算浪費を続けるつもりらしい。もし正気なら 上記質問に答えてからにして欲しいものだ。
 


mh3944 at 09:37│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔