2021年07月29日

210729 中国王者の崩壊 

コロナ騒動で東京オリンピックは中止すべし、とワイドショーは無責任に騒いでいたが、実行されて良かった。長年待ち続けていた国内アスリート達が 頑張った輝かしい結果が続々と報告されている。                                                                           
そのひとつが卓球だ。 40〜50年前迄は 卓球は柔弱でマイナースポーツとして世界で軽視されていた時代に 私の故郷 山口県柳井市の田桝彦介は、卓球用具店を営業し、ラバーラケットを開発して 国内外での卓球の普及に渾身の努力をした。

近年になり 中国が本格的に世界普及に乗り出し、世界チャンピオンを独占し始めて 外国勢に王位を渡さない中国の国技スポーツに変えた。特に2008の北京五輪で卓球が正式に五輪に採用されて以来、全ての金メダルを中国が独占し続けた。余りにも国内競争が激しく国内で浮かばれない選手達は外国に移籍して、ヨーロッパ、中央アジア、東南アジア、南北アメリカ、などの外国の代表権を獲得して国際試合に参加し始め、今日の国際試合は 新旧の中国人同志が戦う状況になっている。今回の東京五輪で初めて採用されたダブルス男女混合も 中国勢が初代王者になるのは確実だろうと 世界は予想していたが結果は違った。
                                          
日本代表は、元日本王者 水谷隼(32)と若手女子最強の伊藤美誠(20)がペアで臨んだ。近年目を悪くして国内でも勝てなくなった水谷は、静岡県磐田市の卓球クラブで12才若い旧知の伊藤美誠と練習を積んだ。中国側はダブルス最強の許気函元世界王者の劉詩文がペアで対抗して、日本に圧勝して男女混合ダブルスの初代王者になることを狙った。
                        
試合は7ゲーム勝負で、先に4ゲームを取った方が勝利者となる。1ゲーム、2ゲームは簡単に中国組が勝ち、やはり中国の金メダルは間違いないか思った私は、深夜になる前にテレビを切って寝ようと思い始めていた。しかし3ゲーム目を接戦で獲得した日本ペアは、4ゲーム、5ゲームも連勝して 雰囲気がガラリと大きく変り始めた。観衆無用の筈の中国側には、多数の応援団が押し掛けて 数十枚の大型国旗を振り回して大声で応援を続けていた。
                           
私の眠気も完全に消えた6ゲーム目は 中国が何とか取り戻したが、中国側には明らかに焦りが見えていた。逆に破れて元々の日本ペアは目をランランと輝かせた獲物狩りの形相だった。勝っても負けても最終決定の7ゲーム目に入ると、強打で打ち込む日本ペアに対して 中国ペアは防戦一方になり 6:0と敗色が濃厚になり、途中で少々は盛り返したが 最終的に11:5の大差ゲームに終わり 日本勢がメダルが確保した。水谷伊藤ペアは 周囲の目も憚らず抱き合って大ハシャギ、逆に15年間も世界の全王者を独占し続けた中国勢は 我を忘れて呆然と静まり返っていた。許砧詩文ペアは中国で厳しい非難を受けているようだ。スポーツは才能と訓練の賜物であるのは事実だが、同時に微妙な精神面が結果に大きく影響する奥深いものであることを示した素晴らしい激戦であった。   


mh3944 at 13:21│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔