2021年09月24日

210924 菅内閣の功績

菅政権が1年の短期政権で終わり 新政権に交代することになった。ごく短い期間であったが、菅首相は多くの難題を片付けたと思うと、誠に残念な話である。                                                     
1) 先ずはスマホ料金の改定がある、世界最高の8,000円台と家計を大きく圧迫していたスマホ料金を、業界を押し切って2,000円台にまで引き下げた快挙がある。ガラケイで頑張っていた私も2台で月5,000円のスマホを契約した。長年の課題だったが 菅首相の実行力で達成できたと思う。 
                                           
2) しかし運悪く 菅政権はコロナ災害に直面した。米国,英国,ドイツ,ロシア,中国など外国医薬品メーカーは 直ちにワクチンを開発したが、日本の武田,シオノギ,三共などはワクチンを開発できず、1兆円近い高額なワクチンを米国から輸入する羽目になった。しかも納品が遅れ気味で国民の過半数が接種する迄に時間を要し、大きな社会不安を巻き起こした。これが菅首相の評判を下げた最大の原因である。やっと9月になってワクチンが集団免疫の効果を発揮し始めて、コロナは急速に収束し始めたが、時既に遅く 自民党は首相交代で動き始めれいた。
                                                      
3) 昨年に開催予定のオリンピックはコロナの影響で1年延期となったが、菅内閣は観客ゼロ開催を決意して、コロナで抑圧された世界に明るい話題を提供した。  
                                                                                      
4) 増大し続ける医療費は永年の課題であったが、その抑制策を菅首相は決定した。年収200万円以上の高齢者(75才以上)の窓口負担を1割から→2割に引き上げた。83才で病院通いする私もは 必ず3割負担で 常に2万円前後を払い続けているが、多くの外来患者は数千円程度の1割負担で済んでいる。1割とは見掛けだけの自己負担であり 実質的にはタダ同然で 高齢者には医療天国であり、閑さえあれば冷暖房完備の病院通いをする始末だったが、窓口2割負担となると 少しは無駄な通院が減るだろうと期待している。
                                           
5) 福島原発処理水の太平洋放出決定も大きな成果である。諸外国は全て海洋放出中であり、日本だけが実行できないまま大型タンク1000基近くが溜まり 困窮しきっていた。これは韓国の執拗な反対運動や、補助金浸しの地元漁民の風評不安で放出拒否だった為だが、太平洋放出以外に対策はあり得ず 菅首相は勇敢に決断した。 
                                                            
6) 日本学術会議会員の6人再任拒否も英断である。英知の殿堂の筈の日本学術会議も、内容は腐っており、欧米の如く世界に有用な提言などは全く無く、無駄な事務員を50人も雇用、国内大学の軍事研究は絶対反対しながら、中國の世界学者千人計画には多数の英才を参加させて 中国の軍備増強に加担する裏切り行為を続けていたが 菅首相は終にメスを入れた。
                                       
7) カーボンニュートラルは 地球環境悪化の原因の脱CO2を 2050年までにゼロにする世紀の方針であり、日本は2013年度から46%削減することを宣言した。これは極めて困難な高い数値で、原発抜きには達成できない目標だが、世界世論を受け入れる以外に方法はなく 菅内閣は決断した。具体的計画全て新政権の課題となる。 
                                                    
8) 悩み続けた菅首相が最終的に辞任を決断した事件は 地元横浜市の市長選挙の敗北であり、カジノ誘致計画の失敗である。カジノ誘致は地元経済を豊かにする黄金政策か、悪の殿堂誘致とみるかは、運営方針にも依り 意見は分かれていたが、誘致推進派の新市長を応援して失敗した菅首相は 引退を決意した。


mh3944 at 10:57│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔