2021年10月25日

211025 近隣との友好維持  

前にも触れたが、我家の庭には大きな柿木があり 毎年沢山の富有柿が実る。しかし今年は100個少々しか実らなかった。それを狙って秋になるとヒヨドリが来襲する。夜が明けると直ぐにやってくるヒヨドリとの攻防はなかなか厳しいが、試行錯誤の末に プラスチック製カラスを吊すと ヒヨドリは恐れて近づかなくなる。その結果、今年も大きく見栄えある120個ほどを収穫できた。
                                                                                                 
毎年恒例で、今年も近隣10軒に5個づつ ビニール袋に入れて配った。各家の玄関口にそっと置いておくと、夕方帰宅した家人の誰か見つけるが 例年なので 当方からのプレゼントだと直ぐに分かる。最近やってきた若家族には、道路で遊んでいた子供に一袋渡すと、喜んで飛んで帰った、先方様も喜んでいることだろう。
                                         
夕方散歩中に ペット仲間と出会ったので、柿が熟したので一寸立ち寄りませんか と話すと喜んできた。先方は奥様が自由業だが コロナ不況で仕事が激減し、医学部を狙った長男も浪人中で 家庭の雰囲気は暗いらしく、元気なのはペットだけだが、持ち帰った柿は家庭の雰囲気を少しは和らげただろう。                                    
夜には 早速 隣家の奥さんから電話がきた。老夫婦二人で、ご主人は家に籠っているが 柿が大好物だそうで 繰り返してお礼を言われた。翌朝には真向かいのご主人とも目が合い、美味しそうな柿を有難う、と小声でお礼を言われた。ご夫婦とも年配の年金生活だが、ご主人は毎朝早く車で出かけて何処かで過ごし 夕方には帰ってくる変則家庭で 会話も少ないようだが、当方の柿で久し振りに話し合ったに違いない。                                                                
2〜3日過ぎた早朝 少し離れた銀行OBの還暦夫婦と出会った、玄関先にあった柿はお宅からでしょうか?と少々恰好つけた話し方だが、美味しく頂きました有難うと言われた、このご主人は特に柿好きで、昨年はもう少しい欲しいと追加を催促された珍しい経験があるが 今年は催促されても数が少ないで応じられない。
                                                                          
更に翌日、元公務員の奥さんが、ミカンをもってお礼に来られた、誠に丁寧だが、頂いたミカン包みを開けてみると2個ほど腐っていた。実は以前にも腐った果実を頂いた覚えがあり、多分すぐ近くの超激安スーパーで買ったのだろうと思うが、奥さんは全く気付かずに持参するので本当に驚いてしまう。一生を公務員で過ごすと、プライドだけが高いが 他人に配慮する感覚が薄く 近隣との交流が殆どない。向かいの若い電機技師さん宅は 奥さんが活発で いつも自家製パンを返礼に持参するので 少々恐縮気味だが、今年も多分美味しいパンをもって来られるだろうと思っている。
                                       
社会は核家族ばかりで、井戸端会議は消滅して 近所付き合いも殆ど無くなり 地域住民同士は 疑心暗鬼に陥り易い時代になった。公園の花を折り、看板を壊し、 自転車を盗み、塀に落書きする等、無意味で気味悪い事件が続発する不穏な社会になりつつある。我が家の柿プレゼントが 少しでも近隣関係を和らげて 暖かい雰囲気を醸成することを願っている次第。  



mh3944 at 09:09│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔