2021年11月19日

211119 無職若者の活性化

岸田内閣は、新しい資本主義で経済を成長させ、その果実を国民に分配するという。難しい話だが 多分、エネルギー消費社会から省エネ社会へ生活様式が激変する時代に合致して 新しい行動様式で経済を成長させ分配するというだろう。私には具体的なアイデアはないが 気掛かりなことがひとつある。それは近年、私の近所で 定職を持たず結婚できない若者達が異常に増えていることだ。
                                                                                                
普通に就職して結婚している家庭もあるが、定職ナシの中年独身男女のほうが多い。 例えば、福島原発汚染の除去作業で肉体労働して儲けてきた50代近いA君は独身のままだ。地元の塗装屋さんを手伝うB君、ディズニ−ランド内装作業手伝 いのC君、仕事は不明だが2階に籠って何かしているD君、中堅物流会社で全国を走回るドライバーE君、私立大院卒のバイト暮らしF君、針きゅうマッサージ業を開業したが閑過ぎるG女、気性荒い50代女Hさん、80代の実母を虐め続ける無職のI女などなど 殆どが中高年になっているが結婚できず、80代の親が50代の息子や娘を養う典型的な8050家族になっている。
                                                       
彼らの親達は殆ど立派なキャリアOBで、都銀役員OB、中堅銀行OB,工技院研究幹部OB、都庁幹部OB、大手化学会社OBなどなど立派な生涯を過ごしてきたが、ご自分の子供は定職ナシのままだ。子供達は婚期を逃して苦しみ 収入が少なくて結婚できないと嘆いている者が殆どだ。このままでは我が国は人口減少を続けて 本当に弱小国家になりそうだ。未婚の息子や娘達は、人付合いも苦手で 何に向かって努力するか目標が分からないようだ。やる気を失っている彼らを動機付けする場所と機会が必要だと思う。
                                             
デジタル時代の今、中程度のPC知識で成人した彼らを再教育してプログラミング等を訓練すれば 活性化できるのではないかと私は思う。 IT時代の今日、やる気さえあればごく小資本でも起業できる時代になっている。彼ら定職ナシ同志が自然に集まり、雑談してアイデアを出し合い、ベンチャーを立ち上げる機会と場を 市役所が提供するべきだと私は思うのだ。
                                                                           
地元の市役所は、企業立地推進課の立派な看板組織があり、担当者4〜5人が常駐しているが成果は全く無い。閑で困る彼らはベンチャー起業推進講座を何年も繰り替えすが、予算消化だけが目的で、実業に結び付いた例は殆んど聞かない、典型的な役所仕事を繰り返しているのだ。長年、格好ばかりの講習会を繰り返すより、駅前に部屋と安いレンタルデスクを設けて 若者同士の自由交流できる場所を提供して若者を集め、ベンチャー起業を促せば、発奮する若者もいる筈だと私は思う。
                                                                                   
私もパソコン時代に乗り遅れた超高齢だが、死もの狂いに努力した結果、今ではSEOを営業して、北海道から九州まで全国に、20余件の中小企業を得意先として契約して 先方のHPを検索TOP頁に表示するサービスを提供している。予算消化だけが目的の地元市役所は 成否不明の冒険プロジェクトは嫌悪するので、中央政府が音頭をとって 率先して無職の若者達を集めて、彼らが自由に集まって何かをトライし活性化するフリーデスク計画をやってみては如何と私は思うのだが。         
                         

mh3944 at 12:41│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔