2021年12月24日

211224 トヨタが危ない 

世界に誇る日本のトヨタが危機を迎えている。自動車業界は電池+モーターで動くEV電気自動車に向かって大転換しつつあるが、Hybridに自信をもつトヨタは 従来からFV車には消極的であった。しかし米国テスラ、独VW, 及び中国勢が EV車の大量生産を開始し始めたのだ。遂にトヨタも我慢できなくなり 先日 やっとEV大計画を発表して、8年後の2130にはEV車を350万台販売すると表明して花火だけは打ち上げたが、具体的な計画はまだ持っていない。
                                         
歴史的事実だが、30年前に 我が国は世界の半導体市場で圧倒的なシェアを握っていたが 今日では完全に脱落してしまった、テレビ業界も同様で 日本メーカーは シャープ亀山モデルとして 世界に名声を博した製造技術で世界をリードしていたが、今は韓国中国勢に完全に撃破されてしまった。自動車で世界No.1 のトヨタも、EV車に関してはまだ腰が定まらず、EV転換に乗り遅れて 脱落するのではないかと 私は本気で心配していたが、やっとEV車の激流に目覚め始めたようだ。しかし日本勢はまだ本腰とは思われず、このままでは最後まで生残るのは 修羅場を生き抜いてきたホンダだけではないかと私は心配している次第。
                                         
日本ではEV車を街で殆ど見掛けないが、世界では昨年よりEV車が大量生産時代に入り 米国テスラ48万台、中国上海自動車24万台,独フォルクスワーゲン22万台、ルノー日産18万台、米GM4万台 に対して、トヨタ、ホンダ、マツダは各1万台前後で、欧米中国に圧倒的な差をつけられている。EV車はまだ電池が未完成で、国内自動車業界の従業員も守らなければならない と豊田社長はテレビで力説するのを見ながら、私はその時代遅れ感覚を恥ずかしく思っていたが、やっと本格化にEV車に動き始めた段階だ。
                                           
確かに現行のEV用電池は パソコンのリチューム電池の改良型で、走行距離も150キロ以内、充電に2~3時間を要し、使用途中での充電は殆ど不可能に近い。更に充放電を繰り返すと電池性能が激しく劣化する重大な欠陥もあり、長距離対応で発火の危険もない全固体電池の開発に各メーカーが全精力を注いでいる。にも拘わらず外国自動車メーカーはEV時代に乗り遅れないよう 死に者狂いで先行投資してEV車を販売しているのだ。特に日本EV車の問題は高コストにあり、中国では2人乗EV車が50万円で販売されている。にも拘わらず日本の軽メーカーは EV車を 100万円以内で販売することは殆ど困難だという。 中国EV車はエアバック無し、エアコン無しの、ゴルフカート改良型の設計思想で 異次元に安いEV車を年間100万台も販売しているのだ。
                                                   
当然の結果として 中国では電池切れなどリコールは多発しているが、EV車市場を独占しようとする中国勢の意気込みは猛烈だ。日本車は高性能のHybrid車で燃費を格段に向上させた成功に酔ってまだ目覚めていない。Hybridに出遅れた欧米と中国勢は、桁違いに安価なEV車で世界市場の席巻しようと必死になっている。日本勢は 新型の全固体電池を載せた高性能なEV車で挽回するつもりだが、新電池の完成見通しは全く不明で何年もかかるといわれる。10万円バイクからスタートしたホンダやスズキなら 多分激烈な価格競争を生き抜くだろうが、高性能車で世界を制覇したトヨタなど国内メーカには 恐怖の地獄が待ち受けている。                   

mh3944 at 10:19│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔