2022年01月27日

220127 超一流大学の看板 

今年の大学共通一次試験は、レベルが高く難解で、特に数学は公式を知っているだけでは解けず、最初から論理的な思考が必要な問題だったという。多くの受験生は悩み苦しんだことだろう。私も70年前の大学受験を思い出した。数学は30点以上でないと不合格だと聞いており、自信のない私は、意気消沈して長旅を帰宅した。不合格は確実だと諦めて 合格者発表も無視していた処、近所のおばさんが新聞片手に飛び込んで来て、合格の名前が出ていますよ!との叫び声に仰天したのだった。
                                          
今年の共通一次での50%合否のボーダー得点率は、東大文1が81%、東大理3が88%だと言われる。テスト初日に、東大医学部を目指す名古屋の有名高校2年生が、受験勉強に苦しんで錯乱し 東大試験会場前で受験生らに切りつける事件があった。 彼はなぜ地元の名大医学部を目指さないのかと私は疑問に思った。確かに超名門の東大医学部は将来性も洋々かも知れないが、名大医学部も十分立派なものだ。多分同級生達の視線を考えると、名大では軽蔑されるので 東大医学部を目指さざるを得ず それが哀れな凶行を招いたのだろう。近く住む有名医学部卒の引退開業医は 名古屋の事件について、医者は非常に厳しい職業であり、学生達は医学部を天国だと勘違いしていると嘆いていた。

                                              
受験生達は 超一流大学卒には超一流の将来が約束されていると信じているらしいが それは大変な間違いだ。超一流大卒でも本当に超一流の人物は精々1〜2割で、大半は普通人、逆に有名大の看板の重さに一生苦しみ続ける哀れな卒業生も2割以上はいると 何かで読んだ。私も全く同感で 有名大学合格の喜びは長い人生のごく一部であり、普通以上の学歴なら 当人の努力次第で人生は如何ようにも変わり、有名大学卒が即 幸福な人生ではありえないのが現実なのだ。換言すれば 人の一生は本人の努力次第で大きく左右され、幸運の女神に会えるか否かも大きく影響する。
                                                                                   
私の近隣にも、東大、京大、東北大、慶応大など超有名大OBが多数住んでおり 彼らは殆ど私と同年配だが、超有名大卒が幸せな人生だったとは決して言えそうになく、各々深刻な問題に苦闘している。例えば、東大OBで大学教授のBさんは肝臓がんに苦しみ早逝、東大OBで大手都銀の副社長も痴呆症で逝去した。同じく東大OBの銀行専務のMさんは強過ぎる奥さんに敷かれて苦しい病床に伏し、慶大OBの営業部長 Yさんも永年肺がんに苦しみ逝去した。京大OBの銀行常務Zさんは年配の長男が結婚できない悩み、同じく私立大幹部Qさんは奥様と不仲で 子供達も全員未婚など、各々深刻に悩み苦しい人生を送っている。超有名大卒の多くは気難しく、屁理屈が多く、変なプライドが高すぎる。 実社会では、本人意欲、幸運の女神との出会い、健康や家族運、友人運、時代運など学歴以外の多くの要素が 長い人生に大きく影響するのが現実なのである。
                                               
地方大学OBの私も、40代で脳腫瘍となった時は人生に絶望したが 幸運にも全快した。身軽な3男坊だった為、私は大学を卒業すると同時に、九州から→大阪へ→東京へと、都会を目指して移転を続け、現在は千葉県の利根川近くに住んでおり、子供達や孫達,仕事運にも恵まれている。
                                             
私が大きな恐怖を感じたのは、10年前の東日本大震災の時で、福島原発4基全てが大暴走して 東日本全域が深刻な放射脳汚染に陥りかけた時、利根川より東側に住む国民は全員  西日本へ移動避難を強いられる危険性があった時だった。外国人は殆ど成田空港から国外に脱出し、私も千葉県を捨てて遠い九州か山口へ帰らざるを得ないかと悔し悩んだが、原発関係者の必死の頑張りで 膨大なウラニュ-ムを抱えていた原発第4号機の大暴走は避けられた。
                                          
その後は 大病に無縁で、家族運に恵まれて子供や孫達も 適材適所で元気に働いており、年賀状で一等賞を2回も獲得したハプニングもあり  家族でハワイ旅行を何回も楽しみ、傘寿を過ぎてもほぼ健康で 仕事を続けられていることなど、幸運の女神のお陰で、地方大学OBでも 東京,京都の超有名大学OBには全く負けない充実した生涯を送っていることに感謝している。もし学生が希望校に失敗しても まだまだ前途は多様であり 挽回可能な長い人生があることを忘れず 常に前を向いて努力すれば充実した人生になるのだ。






mh3944 at 11:45│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔