2022年02月24日

210225 幼児,子供の虐待

幼児や子供の虐待死事件が続いている。野田市の栗原心愛ちゃん(10才)は 義理の父親に虐められ続けて、学校の先生に、せんせい たすけてください、どうにかなりませんか? とメモ書きを渡してたことを知った義父が激怒して、自宅での風呂場で冷水を浴びせて殺されてしまった。 岡山市では、西田真愛ちゃん(5才)が 母の交際相手の義父に虐待され 布団に巻かれて押し入れに押し込まれたまま 低酸素脳症で死亡した。誠に哀れという言葉以外に表現しようのない事件である。更に義父は その虐待場面をスマホに録画していたと聞くと 全く言語道断であり、我が子を犬や猫と同じように虐める、ヒトの行為とは言えない虐待事件だ。
                                     
中国では、父母が血縁関係の無い 幼児を大事に育てる実話を何度も聞く。終戦時に中国に残された日本人幼児が 中国人の養父母に大事に育てられ、成人して来日して実親に会った時、中国の育て親の恩は忘れられない話していた。現代でも、跡継ぎ不在の農民が、誘拐児として買った他人の幼児を養育するケースが多々あるが、成人になった幼児達が 自分を誘拐児だと知って、実の親を探し出して面会した時に 泣きながら、育ての親を見捨てることが出来ないと嘆く姿をテレビでみると、中国人の愛情の深には感動させられる。                                 
                        
なぜ日本の若い義父は 可愛い幼児を虐待するのだろうかと不思議に思う。犬は飼い主から一度でも叩かれると 決して忘れないが、ヒトも同じで、幼児期に受けた虐待は 成人しても決して忘れず精神に残り 当人の性格を左右する。

10年以上昔のテレビ番組に、大酒飲みで塗装職人だった ビートたけしの父親が 50才の時に生んだビートたけしに暴力を振るい、家が破産して たけしと母親が夜逃げする番組だった 。恥ずかしい話だが 私の父親も よく似て暴力を振るう酒飲みだった。晩秋から4ケ月間は 山陰の酒の醸造所に杜氏として長期間 出掛けるが、春には恐ろしい父が帰ってくると 途端に我が家の雰囲気は一変して 厳しい雰囲気に変わる。いつも母親は懸命に庇ってくれたが、我々兄弟は父親が大嫌いになった。                            父は私の人生の反面教師となり 優しい親になろうと決心した。私は非常に用心深い性格になり 何事も表立って行動することは避けて 目立たない所で何倍も努力をする人間になった。80代半ばの超高齢になった今でも、私は父の暴力を忘れられない。
                                          
日本の若い父親に必要なことは、受験勉強や知識技術ばかりではなく、他人の痛みを思いやる情操教育が不足していると思う。日本の若者は過保護に育てられ、困れば生活保護さえ受けることができる。もっと痛みや苦しみを実体験できる人間教育が必要であり、同時に苦しみにも耐える厳しい軍事訓練が必要だと私は思う。

mh3944 at 10:11│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔