2022年04月11日

220411 ウクライナ戦争

その昔、私が尋常小学校に入学したころの話だ。みんな初顔だが、段々と仲良しグループが出来始めて、腕っぷしの強い子が中心にグループができる。小柄な私も腕力の強いI君の仲間だった。しかし3〜4年生になると、口達者で利口なS君が次第に力をつけて、仲間は次々とI君から離れ始めてS君に近ずき、儀の周りに仲間は殆ど居なくなった。
                                        
今回のロシア・ウクライナ戦争も、30年前は15ケ国の国を抱えて世界の大国ソビエト連邦だったが、閉鎖強権社会に嫌気して仲間達は次々と離脱し始めて、自由で頼り甲斐のあるEUに近づきNATOに参加し始めた。ポーランド、ルーマニア、ハンガリ、ブルガリアが‘離れ、エストニア、リトアニア、ラトビア、スロバキア、チェコが続き、残るはウクライナ、ベラルーシ、ジョージア、モルドバだけとなってしまった。大国でロシアと親子関係にも近いといわれるウクライナも`強権政治のロシアを嫌って EU加入とNATOを目指し始めた。我慢できなくなったロシアは 暴力でウクライナ現政府を倒して傀儡政権樹立を目指し 戦争を始めたが、NATO仲間が猛反発してウクライナ政府を積極的に支援し、ロシアは窮地に追い込まれている。
                                         
ウクライナの首都攻略を諦めたロシア軍は撤退する時、多数の一般市民を虐殺していた事件が発覚し 世界が大騒ぎになっている。地下室に籠っていた市民を路上に引き出して、暴行し強姦して銃殺して撤退したという。犠牲者は1万人以上と言われる最悪の国際法違反事件で、NATO諸国は国連の安保理事会で徹底的に糾弾しているが、ロシアは相変わらず下手な理屈で偽ニュースだと反論する。証拠を挙げて安保理事会で糾弾しても ロシアの拒否権発動で葬り去り、国連は 機能不全に陥っている。
                                       
ロシアが関係する同様な虐殺事件は20年前のチェチェン紛争で10万人の一般市民が殺害され、その10年後のシリア内戦でも毒ガスも使われて、40万人近くが犠牲になったという。同じくロシア離脱問題で勃発したジョージア戦争でも 膨大な無実の市民が殺害された。何れもロシアが関係する虐殺事件であり、一般市民を平気で殺害するプーチン政権の特徴で 徹底的に糾弾しなければならない惨事だが、膨大な犠牲者のチェチェン事件、シリア事件が余り騒がれなかったのは、被害者の人種の影響もあるように感じられる。  
                                                                      
チェチェンやシリア、ジョージアで殺害された犠牲者はアジア人だが、今回のウクライナは白人が犠牲者であり、白人社会の欧米がこれほど燃え上がっている理由でもあろう。状況や時代は全く違うが広島,長崎では40万人以上の日本人が原爆で虐殺された事実がある。当時の日本軍は敗戦確実で、原爆投下は不要だったと言われる。100歩譲っても広島で原子爆弾の効果は十分に見せつけたので、日本軍の降伏は時間の問題となり、長崎に原爆投下は全く不要だったことは米国の識者でも認めているが、トルーマン大統領には対象がアジア人であり、人種差別感情があったのは間違いないだろうと思われる。                           
今回のウクライナ戦争は、多数の白人市民が 同じ白人のロシアに殺害されている惨劇で 今も進行中だが、動物と違って我々は人間社会であり、人種に関わらず無実の人間が虐殺されることは 絶対にあってはならことを徹底的に議論し、追及してほしいものだ。



mh3944 at 10:58│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔