2022年04月26日

20220426 大学生の就活

犬の散歩で、久し振りに親しいKさんと会ったが、すっかり様変わりして言葉少なかった。ワンちゃん久し振り! と私は彼の愛犬の名を呼びながら通り過ぎた。彼が落ち込んでいる理由は分かっていた。医学部を目指して浪人中の長男が今年もダメだったのだ。医学部入試は男子優先が消えて、点数一本になった為、女性合格者が激増したとテレビは言っている。女子学生は学科試験は高得点でも、結婚子育など人生の壁が多く、治療技術も高度化して、女性は次々と脱落するのを責めるのは酷かもしれない。しかし今回のコロナ騒動で、病院は非常に厳しい世界だと我々は知らされた。もし彼に再び会ったら、医者の仕事は結構厳しいらしいねと言うかも知れない。    
                                        
今は就活シーズン最中で、先日の新聞に今年の就職人気ランキングが載っていた。文系理系により事情は少々異なるが、相変わらず超一流大企業ばかり上位に並んでいる。TOPは伊藤忠、続いて日本生命、大和証券、東京海上保険、丸紅、明治製菓、大日本印刷、損保ジャパン、SMBC証券、味の素、ロッテ、ソニー生保、三菱UFJ, 三井住友信託、三井物産、NTT,りそな、凸版印刷、味の素、ロッテ、ソニー生保、三井住友、NTT, りそな、凸版印刷、住友林業、、、と,馴染みの超一流会社ばかりだ。 特別な僥倖でもない限り、必死に頑張っても社長や役員になる確率は殆どゼロの秀才軍団で、精々退職直前に名義的な部長にでもなれば本望の 超大企業ばかりである。
                                      
傘寿半ばの私が言っても始まらないが、自分なら選択は全く違うと思った。TOPの伊藤忠以下、丸紅、三菱商事、三井物産など秀才ばかりの超大手商社は 入社しても同期に勝てる可能性は少なく、多分アフリカや、中南米ペル-辺りに追いやられて定年になるだろう。三菱UFJ, 三井住友、りそな など都市銀行は合理化猛進中で、支店は殆ど閉鎖され ATMも減少して ネットバンキング`時代に突入し、多くの仕事がAIに奪われ 出向先も受け入れを嫌がり 余裕のない一生を終えることになる。大和証券、SMBC日興証券 みずほ など証券会社は、訳もなく変動する株価に振り回されて命をすり減らす仕事の毎日だ。明治製菓、味の素、などは手堅い食品会社だが、今後どう発展するか見通しはない。NTTなどは官庁と全く同じで、全て学歴と入社年次で決まり 余りにも退屈過ぎる。私の住む近隣にもこれら超大手企業OBがゾロゾロおり、大半は病に苦闘して逝去したが、まだ元気者は無為な時間を持て余し苦しみながら過ごしている。
                                    
大学生がこれら超優良企業に入社しても嬉びは瞬時で、直ぐに猛烈な競争に巻き込まれるのは確実だ。私は ライヒホールドという社員200名の小さな日米合弁会社に入社して 親兄弟を落胆させた。 しかし思う存分仕事ができ、紆余曲折はあったが、最後は米国系合弁会社 NDPCという`100人足らずの日本社長を12年間務めて定年退職し、本当に波乱万丈の日々で 生き甲斐を満喫できた現役生活だった。もし入生を繰り返すとしても、私は再び無名の新進IT会社を見つけて入社し、4〜5年勉強して、気の合った仲間と語らって有望分野を見定め、スポンサーを見つけて飛び出してベンチャー設立して、独立する道を選ぶだろう。
                                    
昔と違って現代のIT業務は、ユニークなアイデアが決め手であり、昔の様に大資金で大型装置を設置して製造販売する仕事は 中国などに勝てる筈のない時代だ。実績のない若い会社は信頼性に乏しく一生を賭けるのは危険だと 学生は思うだろう。確かに信頼性は乏しいかもしれないが、働き甲斐がある。失敗すれば転職すればよい。現代は 世界のトヨタさえ EV激変を乗り越える保証はない時代になった。あの電通博報堂さえ、ネット広告の大波を受けて売上激減の斜陽企業になり下り、昔からの大手優良企業が 突然信頼できなくなることを 学生たちは知っておくべきだと思う。                      


mh3944 at 08:49│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔