2022年05月30日

220530 ウクライナ戦争の終結 

ロシアは多数の戦死者を出し続けている。身勝手なネオナチ攻略を理由にウクライナに侵攻したプーチンは ロシア国内からも批判が続出し始めた。息子との連絡が途絶えたロシア兵,母の会は戦死したのなら遺体だけでも返してほしいと訴え、国内徴兵事務所には火炎瓶放火、徴兵拒否者が続出、ロシア極東州議会はウクライナ戦争に反対、ロシア国連職員は屈辱に耐えられず辞職、退役軍人は苦戦を嘆き、ロシアのオンライン新聞では プーチンは哀れな独裁者と、プーチン批判が続出している。     
                                                      
孤立感を深めたプーチンは、核ミサイルの使用を口走り始めた。広島型核ミサイルでウクライナ軍を殲滅して形勢を逆転するという。NATO側は猛反発して、世界を破滅に導く核使用は絶対不可と強調するが、追い詰められたプーチンは何をするか分からない。ロシアの核攻撃には米国も核で反撃する以外になく、核戦争は100万年の文明を破滅に導く絶対許されない行為である。
                                         
ロシアではプーチン大統領、ショイグ国防相, グラシモフ参謀長の3人が核ボタンを押すと軍部がミサイル発射に向かって動き始めるという。プーチンは特別機で空中に避難して、空から指揮すると言われるが、放射能で汚染された母国の空港は破壊されて帰還する場所もない。 ロシア軍内部のミサイル発射操作者は計7名と言われるが、核戦争の恐ろしさを知っており、プーチン命令に従わない可能性が大きいという。 これはプーチンが最も恐れるロシア軍部のクーデターである。大統領の個人警護隊は、強力なロシア陸軍のクーデターに対抗できる筈もなく、プーチンは逮捕されて、ロシア政権は崩壊すると言われる。

米軍も核戦争は絶対に避ける決意があり、気性が荒いトランプ大統領時代には、もしトランプが核命令を出しても 米軍は先制攻撃しないと、ロシア軍TOPに米国軍部から 秘密裡に連絡していたと聞く。今回も、核対決だけは絶対に避けたいとの強い意思が米軍にもあり、最悪事態に備えて直通ラインでロシア軍と連絡しているようだ。

何れにせよ、プーチンの身勝手なネオナチ退治で始まったウクライナ戦争が 無事に終結する為には、プーチンとウクライナ軍の双方の面子が保てる微妙なバランスが必要となる。悲惨な核戦争だけは絶対に起こらないよう祈っている次第。

mh3944 at 08:29│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔