2022年06月20日

220620 原発最高裁判決

東北大震災で原発事故を起こした東電は、放射能被害者166万人に対して既に7兆円を超える損害賠償金を支払い 今後も支払い続けているが、被災者は更に国の追加賠償支払いを求めて国を提訴し、その最高裁判決が6/17にあった、最高裁は国の賠償責任は認められないとの判決だった。     
                                       
その理由は、1) 仮に国が東電に事前対策を命じても、実際に来襲した地震は 30倍巨大のマグニチュード9.1で桁違い巨大地震であり、当時の学会知識では事前に予想できないレベルだった。2) 津波対策は防潮堤建設が基本であり、原発が水没して運転停止に陥ることまで想定していなかった。  零細自営業の私も長年 福島復興税を支払い続けて いつ終わるのか不満を感じていたが、今回の最高裁判決には大いに賛成する。
                                        
追加意見すると、大震災は既に11年の長年月が経過していることである。原発放射能の飛散で住居を失い、生活基盤を破壊された方々には深く同情するが、この長い期間に 多様な支援策が色々と提供されており、被災者が立ち直る機会は多々あった筈だと思う。自力更生の努力より、追加補償の要求ばかりに専念するのは 少々虫が良すぎると私は思うのだ。
                                        
勝手な想像だが、東電からはこれ以上取れないので、今度は標的を東電から国に変えて賠償金を取ろうとして、 自力更生の努力を怠っているのでないかと私は思い始めている。予想以上の巨大震災で、原発が海水を被って爆発するとは、世界の誰も想定出来なかったことだが 地殻断層が重層的に交差する危険地域に位置する日本列島は 想定外の大地震も避けられない宿命にある。
                                                    
例えば 今後25年以内に、南海トラフ地震では30万人が溺死する危険性や、東京直下型大地震で10万人が焼死する予想など、大惨事が次々と警告されていることは誰も知っている。そこに住む我々日本人には大震災は避けられない運命であり、その責任を問い続けるよりも、自力で生き抜く道を開拓するほうが絶対に必要である。東日本大地震の被災者は長い間 国の支援を受け続けたが、被災者自身も自力更生の努力をして欲しいと願っているのは 多分私だけではないと思う。
                          
政府を脅して更に巨額賠償を受け取ろうと訴訟を続けることは 子供や孫達にも悪影響を与えて、如何に働かないでお金を得るかを教えることにもなる。私が連想するのは、お隣り韓国のインチキ慰安婦事件で賠償金を要求し続けている例や、日韓両国の正式契約で解決済みの徴用工問題を蒸し返して日本政府に賠償金を請求し続ける破廉恥な韓国問題とよく似ていると思う。全国民が東北被災者を支え続けている間に、自力更新の道を是非切り開いてほしい。子供孫達に楽に生きる方便を教えて生活保護所帯を増やす結果にならないよう切に願っている次第。


mh3944 at 09:55│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔