2022年10月06日

221006 仕事はある 

適当な仕事が無いと苦しんでいる若者が多い。リストラで仕事を失った年配者も再就職先が無いと嘆く。確かに私の回りにも全く働かない閑人がゴロゴロおり、これでは日本経済が弱体化するのは当然だと思う。 日本は確かに弱くなっている。弱体化した日本を再生する為、岸田首相は1) GX(グリーン革命)、 2) DXデジタル化推進、 3) スタ-トアップ(起業)推進 の3項目を掲げているが いずれも難題である、以下に私の勝手な解釈を披露する。
                                           
1) GXは従来の化石燃料から、非CO2型エネルギーへの転換だが、太陽光発電は自然破壊が激しく、夜間休業,雨天休業,曇天休業と、やる気ない社員と同じ信頼性の無いエネルギーである。やはり 24時間,不眠不休,大馬力で働く原子力が最も信頼できる。現在稼動可能な9基の原発を60年間に期限延長するのが基本だと思う。既にフランス、米国では試験的に実行され始めており、更に80年までの期限延期も検討され始めていると聞く。
                                     
2) 実は我国は新型原発を開発中だ、茨城県大洗町に超安全な ヘリューム高温ガス炉HTTRだ。これは全電源が喪失しても 自然停止する画期的な原発であり、砂漠の中でも運転できる超安全な新型だ。今年8月の実証実験で 全電源を断絶しても安全に停止することが確認された。早速 英国産業省から声がかかり、30万KWの実用HTTRを英国内に建設することになった。このHTTRは未来の有力なエネルギー源だが 実用化までまだ年月を要するので、現行9基の原子力発電の期間延長で繋ぐ必要がある。

3) DXデジタル革命は; 遅れている日本をデジタル社会にすることである。これは政府と末端組織を本気にさせることが不可欠で 河野デジタル大臣の豪腕に期待する以外にない。

4) スタートアップ起業推進は、ベンチャーを推進して 日本国内を活性化して付加価値を生みだすことで、政府は5年間に1兆円を投資するという。 問題は政府や地方自治体がその真意を曲解し、ベンチャー推進会議や講演会ばかり繰返して、巨額予算の自己消化に努め、仲介業者と講演屋が儲かる仕組みになっていることだ。これでは全く効果がない。講演会ではなく、現実の起業件数で評価する必要がある。
                        
5) 歴史的には、米国は半導体、Computer、PC等を開発して巨大産業を創出したが その製造は殆ど中国,台湾,韓国に奪われてしまった。これを克服する為、米国は Google検索, Amazon配送, Facebok会話, i-Phoneという異次元のマーケットを開拓したのである、この4社の株価総合計は我国GDP 550兆円を軽く超える770兆円にも達し、日本の全企業の株価総額704兆円をも上回る巨大なマーケットを創り出した。日本もかようにITで新マーケットを開拓しようという計画である。
                                   
6) スタートアップ起業は、ITプログラミングが中心になる。既にプログラミングは活況だが、まだ100万人の人材不足だという。このプログラマーは実力の世界で、名前だけの大卒看板は全く無用の世界である。専門学校で4〜5年間プログラミング実技を学習すれば、立派なプログラマーとなり 4〜5人がチームを組んで独立して高給を期待でき、結婚もできる。仕事が無いと嘆く若者達は、仕事が無いのではなく 自分に技術がないのである。 人気の無かった工業高校は 名前を変えてIT高校に変身しつつある。年配者も抜け殻のプライドを捨てて ITをリスキリング(再勉強)すべきである。IT産業は非常に広範だが 自分が仕事する部分だけを勉強すれば仕事ができる。
                          
7) 私が開発中の実例を紹介する。それは 営業マン不在で苦しむ中小零細企業に、HPを使って営業を代行させる SEO営業法である。 換言すれば、ネット検索で、自社HPをTOP頁に表示させるホームページ営業 である。美しさだけに拘る無能なHP屋は全く役に立たない。 検索でTOP頁表示する手法を開発すれば 巨大なマーケットが期待できる。私の契約者はまだ20社足らずだが 超特殊な技術ではない。検索→(HP+営業販売) 中高年者は 無意味なプライドを捨てて、ITに本気で取り組み、ユニークなアイデアを考えては如何だろうか。


mh3944 at 09:16│Comments(0) ビジネス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔