2022年10月27日

221027 悩みは尽きない

毎年のことだが 今年も庭の柿が熟したので近隣に配った。柿が色づくと直ぐに小鳥が来襲し、その見張り番がなかなか面倒で、今年も早めに収穫して親しい10余軒に配ったが、各家各様に色々な悩みを抱えているようだ。

まず毎日近くを通学する小学生の数軒に配った。子供達は単純明快に喜びで 挨拶も軽くなる. やはり子供がいる家庭は夢に溢れて楽しい。

南隣りA家は、適齢期を過ぎた息子と娘がおり、定年退職の父親は娘さんには優しいが、息子にはかなり厳しい。男同士の話は ぎこちなく難儀な場合がある。

遠く離れたB家は 年増の独身娘が居り、将来の生計を案じて 針灸マッサージ業を自宅で開業した。 客はごく少ないが、自宅開業に猛反対していた父親は 大ケンカして遂に家を出てしまったらしい。年をとって家出すると 大変なことになるのだが。

別のC家は、数年前に私大を出た長女が英語通訳を目指していると聞いていた。私は賛成ではなかったが反対もしなかった。日本人の英語レベルは近年上達して、生半可な英語では通訳業は至難で 何年か米国に居住して日常生活などの経験無しでは 通訳業など不可能だと 私は内心思っていたが 言えなかった。やはり就職探しは大苦労で、方針転換して中堅IT企業に決まったようだ。

D家は 医学部受験で2浪中の長男がいる。確かに理系学生には 医学部は憧れの的だが、医者は厳しい職業でもある。開業医を目指しても 収支が合う都会近郊での開業には多額の資金を要し、病院勤務医は 年配になると地方の過疎地に追いやられて 単身赴任になることが多いとも聞く。

銀行マンOBのE家は、息子がプログラミングを選んだと喜んでいたが、直ぐ大手コンビニに転職した。将来性の点からはプログラミングが正解だが、緻密な仕事に耐えられなかったようだ。コンビニは既にピークを過ぎた産業で 今後は厳しくなるばかりだが、息子は元気に働いている。                                      
                                          
遠く離れたF家は両親が高齢で、長男は私大を出てプラ成型品会社の営業マンになったが、仕事が厳しく直ぐ辞めて、今はアルバイト仕事で生計を繋いでいる。普通の大卒看板は 殆ど通用しない社会になったことを実感しているだろう。

G家は、母親が子供達の就職を采配し、長男を市役所に押し込み、長女と次女を看護師に仕上げた。市役所に内定した長男は 早々と在学中に子供もでき、今は身分安定の市役所に通っている、辛くて厳しい社会経験なしの楽な人生を過ごすと、生意気だが使い物にならないボケ成人になってしまうのが心配だ。大仕事を終えて これからゆっくり老後を楽しもうと思っていた母親は、休む間もなく息子夫婦と孫に家を占領されて 何だか浮かない顔になっている。

都銀OBのH家は、薬剤師の長男を薬局自営の恋人家に取られて、家継ぎの次男がトラック運送業を自営している、50才近くでやっと結婚したが、運転運業は高齢になると 儲かる長距離業務が激減して、 近場回りの雑用ばかりの赤字仕事になるという。

J家は大商社OBで、長男は大手広告会社に就職したが 結婚式には会社上司を誰も招待しなかった。派閥抗争が激しい会社で 親分が倒れると関係者も一掃されるのが恐ろしくて 無派閥を通すと聞いた。 隆盛を誇ったこの大手広告代理店も、近年はネット広告の成長で テレビ広告が激減し 本社ビルを売却し 大リストラを実施となり、更に元専務も五輪汚職で逮捕され 連日マスコミを賑わしている。泣きっ面にハチの気分かもしれない。
                                    
少し離れたK家は 小さな地銀の支店長OBだが、今春 私大を卒業したお孫さんが 大手都銀に入社したと大喜びだ。しかしゼロ金利時代の都銀に昔の勢いは影もなく、全国に網羅した支店網を殆ど撤収し ATM網も次々と縮小する大リストラを実行中で 夢の職場ではなくなっているのだ。孫は大苦労するだろうが 親は昔の恋人を忘れられないようだ。 
                                                                                                     
兎も角 長年 平和国家の日本も、個々の家庭には 多種多様な苦悩があり 悩みの尽きることはない。



mh3944 at 11:41│Comments(0) 雑感 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔