2022年11月28日

221128 プチン政権の行方

ウクライナ戦争はロシアの敗戦が濃厚となった。必死のウクライナ兵に対し、半年間を生延びて祖国に帰還することを優先するロシア兵では、勝敗は明らかだ。今後はプーチンが如何に対応するかに 世界は注目している。

1) プーチンは、「チェチェン戦争」「ジョージア戦争」「シリア内戦介入」「クリミア併合」「カザフスタンデモ鎮圧」と連戦連勝してきたが、今回のウクライナ戦争で初めて苦戦となった。プーチンは核兵器使用も口走るが、それは人類滅亡のタブーで世界中の信用を失墜してしまった。

2) ロシア国営テレビのニュース放送中に、女性スタッフが乱入して「戦争反対」「プロパガンダを信じないで」「あなたは騙されている」と大書した反戦プラカードを掲げたのを世界は見た。国営放送スタッフは命懸けで国民に訴え、主要記者やスタッフ達も次々と国外脱出している。
                                       
3) 全ロシア将校協会はプーチンに辞任を要求し始めた。公表5,300人の戦死者に対し実質100,000以上の膨大な犠牲者を出し、戦意を失ったロシア軍は勝利できないと自覚したのだ。もしプーチンが核ボタンを命令しても、ショイグ国防大臣 ゲラシモフ参謀長以下7名の実行部隊はプーチン命令に従わない可能性が大きいという。

4) ロシアの戦略会議で 諜報機関(KGB→FSB)のナルイキシン長官が和平交渉を提案すると、プーチンが叱責した場面がテレビで世界に放映された。プーチンは出身の諜報機関の信用をも失っているのだ。 ロシア新興財閥も国外資産を欧米に差し押さえられて財産を失い、プーチンに公然と反旗を翻し始めた。

5) ロシアの民族主義的思想家の大老 アレクサンドル・ドゥーギン氏は公然と、ロシアの都市を守れないプーチンは消え去るべきだと発言した。
                                             
6) 膨大なロ軍兵士犠牲者を補う為、プーチンが発表した30万人予備役招集に、国内は騒然となり、ロシア中の若者達が国外逃亡し始めて 既に40万人が脱出し ロシア経済は混乱状態となってしまった。
                                                  
7) 武器弾薬が尽きたロシアは 中国に援助を求めて拒絶され、遂に北朝鮮から弾薬を輸入し始め、イランのドローン攻撃機を輸入して 厳冬期のウクライナの発電所を破壊する作戦を実行し始めた。ドローン機供与の代償に イランはロシアに核兵器の譲渡を要求する筈で、これは敵国イスラエルを刺激して イラン攻撃に直結することになる。
                                            
8) ロシアが頼るソ連圏諸国(ベラルーシ、アルメニア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン)も、プーチン大統領に協力を拒否し始め、義理にロシアを支援する国は殆ど無くなった。
                                           
9) 米国は、仮にロシアが戦術核を使用しても 米軍は直ちには核反撃には踏み切らず、通常兵器でロシア兵と黒海ロシア艦隊を全滅させると ロシア軍部に通告済みという。米国は 核兵器で数千万人のロシア人民を殺害する戦争の犯罪人にはなりたくない とロシアに通告しているという。
                                           
10) プーチンはロシア兵母親の会の20余名と面談して 謝意を伝える様子がテレビ中継されたが、この母親達は 動員された母親達だという。更にプーチンが 人間は一度は死ぬ運命にあるが 兵士は無駄な死ではなく愛国の犠牲者だと話したことが、ロシアの母親達を怒らせているという。
                                               
11) ロシアの世論も様変わりして 停戦希望が70%を超えた。ロシア国民から信用されなくなるとプーチンは辞任以外に生きる道はないが、問題は如何に引退するか、誰が引継ぐかが、最大の課題となってきた。

mh3944 at 09:28│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔