2022年12月19日

221219 ロシア兵母の会

ウクライナ戦争で多数の犠牲者を出したロシアのプーチン大統領は、犠牲になったロシア兵の母親達を集めて挨拶するのを先日のテレビで見た。多数の犠牲者を出して申し訳ない, しかしヒトは誰でも何日かは死ぬ運命だ。ロシアでは交通事故やアルコール中毒でも年間 各々3万人が死亡している。要は生き方が問題なのだ。母国の為に戦って戦死したロシア兵士は立派だと語ったらしい。
                                         
率直な気持ちだろうが、最愛の息子を失って悲しむ母達を慰める言葉ではなく、単に自分を正当化しただけの挨拶だ。 プーチン大統領はこの挨拶を事前に 誰か身近な側近には相談しなかったのだろう。いや率直に相談できる側近は居ないのだろう。これを聞いて慰めらられる母は居らず、逆に心中に怒りが燃え上っただろうと思う。この言葉でプーチンの冷淡さを知らされた戦死兵の母親達は激怒しているに違いない。                                                                           
無意味な戦争に強制的に駆り出されて戦死した我が子の母親には、ただひれ伏して深謝し哀悼の意を示す以外に謝る方法はありえないのが プーチンには分かっていないのだ。日ロ戦争では 乃木大将は自分の息子2人を戦線に送り出して共に戦死したが一言も触れなかったのは、同じ犠牲兵士に贈る無言の哀悼表現だった。
                                                
専制国家のロシアの大統領の権限は非常に大きいが、我が子を殺された母親達の怒りを抑える力は無く、全土に広がった女性達の怒りは爆発寸前になったと思う。ロシア国民に30万人の特別動員令を発した途端、数十万人の若者達が母国を捨てて国外に脱出した事実は、プーチンが全く自国民に信頼されていないことを示したが、更に母親達をも怒らせたことで、国民の忍耐は限界に達した。母親達が動きだ出したらもう止められない。22年間権力の座を維持し続けたプーチンも 2024年には6度目の大統領選挙を迎える。もしプーチン大統領の再選ムードが盛り上がらなければ、今度はプーチンが国外逃亡することになるだろう。
                                                                      
ヒットラーが、600万人のユダヤ人を殺害して 80年が経過した今日でも、ドイツは執拗にナチス残党を南米に探し続けているという。日産自動車から不法な公金を掠め取ってレバノンに逃亡したゴーン元社長は 日仏官警の追手を極度に恐れ続けているという。プーチンは残虐行為で国連からも戦争犯罪人に想定されており、最愛の子供を殺された ロシア兵士母の会も黙っている筈がない。          

mh3944 at 10:31│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔