2023年08月21日

ウクライナ戦争の行方

先日のテレビで、日本は米国に勝つ見込みがないにも拘わらず 対米戦争を開始して 膨大な犠牲者を出す迄 和平停戦を実現できなかった経緯を 某氏が語っていた。当時の複雑な国内外状況を簡単に説明することは不可能だが、天皇の権威をしても 軍部の暴走を抑えることはできなかった。226事件が発生して国内の対立が決定的になり、昭和天皇は 軍部の中核 東条英機を満州から呼び戻して 内閣首班に指名して和平戦略に転換するよう要請したが、東条は満州関東軍を抑えようとはしなかった。                                          
                                     
圧倒的に強力な米国と戦っても、日本は勝てないことを軍部も知っていたが、石油輸入を米国が全面禁輸し始めると 日本は絶体絶命に陥った。米国の世論はまだ参戦することに躊躇していたこの段階で 日本軍は満州から撤退する方針を表明すれば和平の機会はあったが、年末に日本軍が真珠湾を奇襲攻撃したことで 米国世論が激高して 本格的な日米戦争となった。米国から輸入が出来なくなった石油を インドネシアから直接輸入しようと計画したが、ガダルカナル海戦で日本海軍が大敗して制海権を失ない、石油輸入の手段も失ってしまったという。
                                            
実は、ロシアのプーチンも東条英機と似た立場なのではないかと 私は思い始めた。プーチンは 友好国が次々とロシアを見捨て,ヨーロッパEUに加入し始め、ロシアとは親子以上の関係とも言われたウクライナまで、NATO加入の動きを見せ始めた為、これではプーチンの面目は丸潰れだと、自信の大戦車軍団を、首都キエフに進撃させて一週間で攻略し、1ケ月以内に全ウクライナを占領できると信じて、誰も予想しなかった戦車軍団をウクライナに突進させた。
                                             
しかし喜劇役者だと思っていたゼレンスキーは、敢然と立ち向かって抵抗し始め、米国,ヨーロッパ諸国の全面的な援助で猛烈に反撃を開始した。手元に核ミサイルを持つプーチンは 自分が敗北することはあり得ないと思っていたが、開戦して1年半が経過した今日、ロシア軍は敗色濃厚になってきた。このまま戦争を継続すると プーチンは全人類の敵になり 核ミサイルで大打撃を与えることはできても、核反撃を食らってプーチン自身も悲惨な結末になる可能性を予感している。   
                                                                              
プーチンは 太平洋戦争の東条英機と似た状況ではないかと私は思う。東条英機とプーチンの違う点は、マスコミに踊らされた日本国民は軍部を支持していたが、ロシア国民はウクライナ戦争の真相を知って嫌悪し国外に脱出し、ロシア兵自体もこの戦争の無意味さを感じて 戦闘継続に意欲を失っていることである。更にロシアは 自国領土を全く失っていないことも和平提案ができる立場にある。
                                                      
プーチンの課題は、戦争目的がネオナチ撲滅である という詭弁を取り消して 国民に謝ることだけである。世界の国々はウクライナ戦争に反対しており、 プーチンは自国民とウクライナ人に対して悲惨な殺戮を続けていることを理解すべきである。このまま戦争を継続すると、プーチンは益々追い詰められて ロシア国民から完全に見放されるだろうが、ひとこと 停戦意思があることを表明すれば、世界のリーダー達は歓迎して、プーチンに致命的な屈辱を負わせることなく 具体策な停戦案を提案してくれるだろう。

mh3944 at 10:08│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔