2023年09月26日

大相撲と科学研究

柴犬の散歩途中で、今日は大相撲を見るので先に帰ります、とペット仲間に告げると、彼らは、大相撲がそんなに面白いの?と呆れた顔をする。確かにサッカー、ラグビー、卓球、野球など比べると、大相撲はスリルに乏しいスポーツではある。しかしこれは少し過去の モンゴル勢優勝が続いていた時で 今は毎場所 誰が優勝するか 予想もできない大混戦の面白い時代に変わってきた。

先日終わった秋場所も、前頭尻15位の熱海富士と 大関貴景勝との優勝決定戦になり、不利と思われた大関が注文相撲で辛勝してやっと名誉を保つことができた。大相撲は勝越し負越しの違いで待遇に大差があり、意欲を無くした力士は すぐに番付が急降下して幕内から脱落するが、日本は福利厚生の充実で 脱落した力士も 残り長い余生を生き延びる方策が色々あるが、モンゴル力士は脱落すると人生も終わりになってしまう。
                                                              
相撲は体重別クラス分けがなく、無差別一本勝負の世界で 軽い小型力士には不利だが 小型力士は あらゆる技を駆使して白星を稼ごうとする。昔は力士間で 勝星を融通する時代もあり、後がなくなった力士には内密で白星を貸すこともあったらしいが、現代相撲は、馴れ合い勝負は消えて 真剣勝負の世界となり 小型力士も必死になって白星を稼ごうとする面白いスポーツに成長した。体重無差別の戦いでは 圧倒的に大型力士が有利だが 小型力士でも意欲のある力士は 必死に抵抗して好成績を残す、気力勝負のスポーツでもある。 白鵬などモンゴル勢が横綱を独占し続けたのは、大相撲に生涯を賭けて来日するモンゴル力士の強い意思の反映でもある。取組みで不利な体勢になると 日本力士は簡単に土俵外に出るが、モンゴル力士は絶体絶命でも 俵に片足をかけて必死に抵抗し 相手をうっちゃろうとする場面も多く、その厳しい意欲がモンゴル勢の好成績に繋がっている。
  
                                                                   
別次元の話だが、科学研究の世界では、論文が他の研究者に引用される頻度が高いほど その論文価値が高くなる社会である。従って研究者は独創的な研究でも 一瞬も早く有名科学誌に投稿する スピード競争の世界でもあり、一秒でも早く投稿した科学者の名誉となる。その引用論文数で長らく世界TOPを占めてきた米国は、近年は中国に抜かれて2位に落ち、中国人論文が首位を独占し始める時代になった。TOPを占めていた米国は 自由活発な交流と相互の議論応酬が刺激となって 好成績を生むと言われるが、中国人研究者の隆盛は 何が原因なのか分からない。 逞しく想像すると、福利厚生制度が未整備な中国人研究者は 成果を出さないと 社会から脱落して生き延びることすら困難になるからだろうか。
                                            
上位が定席であった日本は段々と順位を落として、遂にベスト10位にも入らなくなった、日本人研究者は5年などの有期限定付き契約者が多く、身分不安定が研究に悪影響を及ぼしていると説明される。その対策として 政府は我が国の科学水準を上げる為 超大型奨励金制度を打ち出し 10兆円ファンドと銘打って 国内大学に公募した結果、東大, 京大を抑えて、東北大学が年間3,000億円ファンドを獲得した。東大が落選した理由は 応募内容がスケールとスピードに欠けると判断され、京大テーマは 変化する社会への対応が遅いと指摘されている。抽象的で余り理解できないが 私も別の旧帝大学生の時 、必死に研究する先生は少数で、多くは超高級サラリーマン風情で 権威の衣に生きるエリート先生が多く、若輩の私は歯ぎしりして衝突事件を起こした記憶もある。大学で研究に従事する科学者諸兄の奮起を願っている次第。



mh3944 at 11:43│Comments(0) 政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔