2009年07月09日

長いひげが牽引する

世界経済の回復期待のマインドは後退し続けており、商品先物価格は大きく下落している。

前場は、本土市場が軟調であったこともあって、ハンセン指数は売りに押される展開となった。

後場になり、本土市場が大きく回復すると、香港市場も戻り基調を強め、大引けでは小幅高となった。

二日続けて下ひげを付けるといったチャート
となり、商いも回復しつつある。底打ち感が出始めている。

まして今日も牽引したのは自動車産業だ。

けっしてけん引ではありませぬぞ^^;



mh860002 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年07月08日

中国のトヨタ?東風汽車集団

クレディスイスの研究レポート

・国内での自動車ニーズも、すでに「長期的な発展トレンド」に入っている。


・国内の自動車メーカーのなかから東風汽車集団(ドンフォンモーター、00489)は、バリエーションに富んだ製品ラインナップ、政府による奨励政策の恩恵を直接受ける業界内での地位の高さなどから、将来的には同社が業界のリーディングカンパニーに成長する、と予想している。

東風汽車集団のこのところの株価の伸びはなんなのか?そんなに環境政策の恩恵を授かる銘柄なのか?と疑心暗鬼だったが、金融機関のお墨付きをいただいた様な感である。^^;

この言葉どおり、中国のトヨタ自動車になってほしいなぁ^^

どちらかといえば日産なんだけど・・・

しかし、中国株を見るとき、やれ日本のヤマダ電機だ日本のトヨタだと、自己中な考え方ばかりでいささか怖い気がするが、夢見る間が幸せではある。

夢があるから、中国株投資のはしくれをやってるとしかいいようがない。^^;

にほんブログ村 株ブログ 香港株へ
にほんブログ村


2007年11月08日

科学的発展観と馬鞍山鋼鉄

今、アンガンが急降下し、絶好の買い場となっている。

ここが欲しくて、資金調達するために、持ち株の同業種会社馬鞍山鋼鉄の売り時を模索しつつ、考える時間もあんましないまま、ここもズル下げし、同じ様な買い場を形成しつつあんのだ・・・

が、どうも最近アンガン程の下げは形成していない・・・

普通であれば、同業種、どうみたって馬鞍山鋼鉄の方が分が悪い・・・

・NO1企業でない

・鉄鉱石の自給率

しかしながら、なんで、アンガンはあんなに下げるのか・・・

今までが騰がり過ぎ・・・そんな簡単なものなのか?



そこに、ひとつの理由が示された!

今回の中国共産党大会の「科学的発展観」・・・

これを基軸に企業が淘汰され、未来が明るい企業、低迷する企業、潰れる企業とに分類されていくことに間違いはないはず・・・


それで、今回出た明るいニュースが、ひとつの理由だと思われる・・・



環境保護を真剣に考える馬鞍山鋼鉄!!!


 新日鉄エンジニアリングと三菱商事 と共同で、馬鞍山鋼鉄から製鉄所のダストリサイクルのプラント「RHF」を受注した。

 同プラントは、製鉄所で発生する酸化鉄や酸化亜鉛を含むダストを成型し、加熱により短時間で還元鉄を生産する。亜鉛は気化するので回収し、非鉄精練会社への販売する。これまで廃棄していたダストを有効活用して、利益も出すことが可能になる。

 中国政府は資源の節約や環境に負担をかけない循環型経済を目標にしており、馬鞍山鋼鉄は、施設からの廃棄物ゼロを実現する「ゼロエミッション」を目指している。

 同プラントは、馬鞍山鋼鉄の新しい製鉄所に納入する。同製鉄所は今年本格的な稼動を始め、粗鋼年産能力は約500万トン。「RHF」は2009年6月に稼動開始を予定。年間最大で製鉄ダスト20万トンを処理する。

 

2007年10月09日

なかなかうまくは売れない・・・

今日の昼みたH株指数は−1.5%くらいだったか?

幻滅していました・・・

アメリカ市場がバランス的な状況(プラスマイナスまちまち)だったので、香港市場は、まー大丈夫とたかをくくってました。

昨日の週明けが嫌な展開だったので、今週は・・・とビビりましたが、終わってみれば、プラス1.8%・・・一番好きな、香港の強さを感じる相場展開でした。

ですが、このプラスは、本土A株上場確定銘柄中心に爆上げしたものが要因の主ですので、持ち株にはあまり反映していません。^^;

さて、こんなのんびり相場!

さして急伸もなさそうな感じですので、今のうちに、小型株や嫌いになってきた銘柄を売りに出そうと奔走しています。

昨日は3銘柄売りにだし、2銘柄約定(1銘柄損な約定をしてしまいました)

今日は昨日の残り銘柄にさらに3銘柄、合計4銘柄売りに出しましたが、今日は市場が上がると見込んでましたので、けっこういい指値注文を出してしまい、1銘柄も約定できませんでした。

このへんが、大変難しいですよね・・・同時株安でも起きたら、このあたりの1日1日が約定できるかが重要になります。

まー今日の「出来ず」はさしたる影響はありません。再チャレンジですね

なんか、もう世界同時株安は、しばらくアメリカからは起きそうにありませんね^^


あるとすれば、本土からということなのでしょうか・・・こわー




2007年10月08日

反転するパワーも凄し:香港

今日は、週明けというのにさえない、一番嫌いな相場展開でした・・・

家族サービスで出かけていたのですが、安心の買い指値、どうしようもない小型株の売りを3本入れましたが・・・

帰ってみると、まさかのマイナス相場、え、GEMはプラス・・・

いやな予感が的中でした。

「広深鉄路」は高値掴み、小型株は急騰・・・意味わからない・・・

まー少々はどうでもいいですが、

寄り付きプラス3%、前場終わり3%、

寄り付きが良すぎて、前場終わりまでもみあいか・・・

そのもみあいを嫌ってか?これ以上の水準の上がりはふさわしくないという思いか・

急な利確・・・一転した流れが、3%→マイナス圏

この勢いが香港市場ですね、良くも悪くも・・・

しかし、今日から四川高速が取引再開とは・・・><;

ほんと教えてほしいよね、まったく・・・どうやったらわかるの?

って、市場が開けばわかるやろ・・・お出かけのおいらが悪いのか・・・

前もってわからないのかな〜><;