みいはあ族報

『みいはあ族』=芸能人に熱中したり、影響を受けやすい人々

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    水着からおっpいポロリは有名だが、清純派の代表格だった有村架純(23)がついに、“濡れ場”の決意を告白したとして波紋を広げている。

    「6月初め、毎日新聞のサイトに有村のインタビューが掲載されました。同月11日公開の主演映画『夏美のホタル』の宣伝を兼ねたものだったのですが、その中で彼女は“重大発言”をしていたのです」(映画記者)

    「女優としての覚悟」を決め、その気持ちは「年々増している」と、かなり踏み込んだ告白をしたのだ。
    「芸能界や映画業界で“女優としての覚悟を決めた”という言葉は、事実上“女優として、必要があればセッ○スシーンを演じる覚悟を決めた”ということなのです。
    そういった意味で今回のインタビューでは、かなり重大な発言をしている。
    つまり彼女は今後、ヌードになる覚悟があると解釈して間違いありません」(同)

    有村といえば、昨年公開の主演映画『ビリギャル』で、第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞&新人俳優賞をゲットするなど女優として評判上々だった。
    しかし、今年1月期の月9連ドラ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)では平均視聴率9.71%と低調に終わり、女優として一転、ピンチに立っている。

    「今回の映画がコケたら、“次は脱ぐ”という話が現実味を帯びてくる。まさに背水の陣の彼女は、6月9日付の日刊スポーツのインタビューでも、“考えるのや~めた”と吹っ切れた心境を激白し、ここでも“脱ぐ決意”を暗示的に表明しています」(芸能記者)

    有村は5月12日発売のファッション誌『ar(アール)』で、「有村架純を丸ハダカ」という意味深なキャッチコピーの記事に登場したばかり。
    「キャミソール姿や背中や太ももを大胆露出したエロ写真など、かなり過激な露出が並んだ。
    これは、近々ヌードを披露する布石との見方もある。
    同誌のインタビューでは、5年前からジムで体を鍛えていることも告白。おそらく“脱ぐ日”に備えているのでしょう」(芸能関係者)

    実は、有村は女優界でも屈指の“美裸身”と有名だ。
    「かつてロケ中、一緒に温泉に入った女性スタッフがいたのですが、一瞬だけ有村の乳首を見てしまったというのです。彼女いわく“きれいなピンク色だった”とのこと。
    神秘の“桃色乳首”がベールを脱ぐ日も近そうですね」(前出・映画記者)

    ちなみに、ヨコ乳もプルプルだったらしい。

    no title



















    http://wjn.jp/article/detail/5036376/
    【【これは工口い】有村架純の“桃色○首”がベールを脱ぐってよwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    女優・高島礼子(51才)の夫で元俳優の高知東生(51才)が、6月24日、覚せい剤と大麻の所持容疑で厚労省・麻薬取締部に逮捕された。

    「現場は横浜市内のラブホテル。ホステスの女性と一緒に薬物を使用し、熟睡しているところを捜査官に踏み込まれた。2人とも容疑は認めており、今後の取り調べで購入ルートを徹底的に調べる方向です」(全国紙記者)

    高知と一緒に逮捕されたこの女性は、横浜市内の高級クラブ『V』に勤める五十川敦子(33才)容疑者。

    「もともとレースクイーンをやっていた女性で、スタイルは抜群。色黒でメイクも濃く、高島さんとは真逆のタイプなんだけど、高知は10年前にパーティーで知り合った際、一目で気に入ったらしくて。店にも通って指名し続け、落としたそうです。以来愛人として高知と横浜市内で逢瀬を重ねていた」(スポーツ紙記者)

    五十川容疑者のプロフィールでは、バスト86・ウエスト56・ヒップ86。高知は薬物とともに、この美しい肢体に溺れたことになる。

    高島と高知は、1999年の結婚以来、芸能界屈指のおしどり夫婦だといわれてきた。
    そして、高知は、2015年7月、長くパーキンソン病を患う高島の父親の介護に専念するため、芸能界の引退を発表。
    しかし、17年かけて作りあげられたおしどり夫婦像は、今回の逮捕劇で崩壊した。

    そもそも高知は、義理の父のための介護引退を宣言しておきながら、自分の手はほとんど動かしていなかった。

    「ヘルパーを3~4社手配して、すべて彼らに任せるだけです。最近は、横浜の実家にも行っていなかったといいます」(前出・スポーツ紙記者)

    ふたりの仲に関しても、結婚当初から疑問の声が多かった。

    「高知さんの女性好きは有名でしたから。ただ、高島さんは“浮気くらいは男の勲章”と小言を言うタイプではなかった。惚れた弱みと言いますか…。彼はそれをいいことにハメを外し続けてしまった」(芸能関係者)

    高知に女性の存在が明らかになったのは、今回が初めてではない。
    以前、高知の愛人をしていたA子さんもその1人。
    当時、彼女は本誌・女性セブンにこう語っていた。

    「逢瀬はいつも高知さん夫婦の自宅マンション。私が行く時は常に高知さんの友人男性がいて、万一、高島さんが急に帰ってきても、私とその男性が恋人同士という形にして言い逃れできるような態勢を取っていた」

    「セックスするのは、高知さんと高島さんがいつも寝ている夫婦のベッド。高島さんには申し訳ない気持ちだった」

    今回の不倫相手の五十川容疑者も、高島と距離が近い。
    引退後、体温管理士の資格を取った高知はエステ店の経営に乗り出し、「日本トータルビューティー協会」なる社団法人を立ち上げているが、同法人の副理事長に高島、賛助会員に五十川容疑者が名を連ねている。

    「ふたりは顔見知りだったという話もあります。高島さんも“怪しい”と思うことはあったでしょう」(前出・芸能関係者)

    高島は夫の逮捕後、書面で次のコメントを発表した。

    〈この度は、夫の報道の件で皆様に大変、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。私自身、報道でこのことを知り、ただただ驚いて困惑している状況です。今はこれしか申し上げられません〉

    現在、京都で7月スタートの主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)の撮影に臨んでいる高島だが、夫の薬物逮捕と不倫の事実を受け、憔悴しきっており、仕事ができる状態ではないという。

    「よりによって高島さんは警察官役ですからね…。テレ朝は今、スポンサーを含めて連日緊急会議を開いており、放送中止を含めて協議中だといいます」(テレビ関係者)

    高知が5月に横浜市内にオープンしたエステ店の周辺では、開店直前にこんな光景が目撃されていた。

    「高島さんと高知さんが夫婦で菓子折を持って挨拶に来たんです。“夫のお店をよろしくお願いします”と高島さんが頭を下げていてね…。あれだけの大女優さんが、なんて丁寧な挨拶をされるんだろうと、感激したのを覚えています」(エステ店の近隣住人)

    高知の罪はあまりに重い。

    new










    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00000023-pseven-ent&p=1
    【【薬物逮捕】<愛人A子>「セッ○スするのは、高知さんと高島さんがいつも寝ている夫婦のベッド。高島さんには申し訳ない気持ちだった」ってよwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    覚醒剤取締法及び大麻取締法違反(所持)容疑で元俳優・高知東生(本名・大崎丈二)容疑者(51)と元レースクイーンでホステス・五十川敦子容疑者(33)が逮捕された事件の捜査線上に「超大物女優A」が浮上していることが28日、本紙の取材で分かった。
    このAは芸能界薬物汚染問題で一度も名前が取りざたされなかった人物。
    逮捕となれば酒井法子(45)、ASKA(58)、清原和博(48)以上の衝撃となる。
    さらに逮捕劇の“新事実”も判明。
    関東信越厚生局麻薬取締部(麻取=マトリ)がもともと狙っていたのは五十川容疑者の方で、高知は“おまけ”だった。

    麻取の地道な捜査に超大物女優Aの名前が引っかかった。
    逮捕となれば芸能界どころか日本中に激震が走る。

    薬物捜査がAまで及んだ経緯は、実は五十川容疑者が発端だった。

    「もともと麻取が関心を持っていたのは広域指定暴力団幹部。
    その幹部を追っている過程で五十川がイロ(情婦)であることが分かったんです」(捜査関係者)

    本紙昨報スクープ通り、五十川容疑者は芸能人御用達で東京・西麻布にある有名クラブの横浜店でホステスとして働いていたが、その前からレースクイーンとして活動していたことも判明。

    「五十川容疑者は14年ほど前に、広域指定暴力団幹部と知り合ったそうです。
    1~2年で別れたみたいですが、その後もクラブや友人の紹介でセレブたちと知り合い、人脈を拡大。
    有名政治家の愛人だとの噂も流れた。その過程で徐々に覚醒剤に溺れるようになったらしい」(前出関係者)という。

    レースクイーンとして芸能界に進出して名声を得ることはできなかった五十川容疑者だが、実は薬物捜査上では、かなりの“大物”だった。

    「五十川の愛人関係は暴力団幹部だけでなく、政治家や経済界など複数の“お抱え”だった。
    その名前がビッグネームばかりなので、全ての情報を吸い上げるまで泳がせて捜査を続けていた」(前同)。つまり裏世界のキーパーソンだったのだ。

    だが、報道でクローズアップされたのは、芸能人だった高知容疑者の方だった。
    28日放送のフジテレビ系「バイキング」では、前横浜市長の中田宏氏(51)が知り合いの麻薬Gメンから直接、聞いた話として「もともと高知容疑者をマークしていて、なんでマークがきつくなったかというと、芸能界引退のとき、引退会見をしていなかったでしょう。
    それで『表に出られない事情があるな』となった」と明かした。
    24日の逮捕の際には高知容疑者が「来てもらってありがとうございます」と話したことまで報じられ、事件の“主役”は高知というのがこれまでの報道だった。

    だが、捜査の内幕を探ると実態はまったく逆だった。「五十川を内偵していたところに高知が引っかかった。
    そこから高知の行確(行動確認)が始まり、最終的に2人が捕れるとなったので今回の逮捕となった。
    2人の行動パターンの分析はもちろんのこと、相当確実な情報を入手してホテルの部屋に踏み込んだ」(前出関係者)と、高知容疑者は“おまけ”にすぎなかったというのだ。

    今度は高知容疑者を徹底的に調べ上げた。
    すると…大物女優Aが浮上。
    鍵を握っていたのは高知容疑者の“親友”で、覚醒剤での逮捕歴がある会社経営者Xだった。

    「Xは五十川のルートとは違うが、闇勢力にも精通している人物。
    高知とXが“シャブ友”だった可能性もゼロではない。
    このXはスポーツ界、政財界、芸能界など多岐にわたる人脈があり顔が広い。
    もちろんAのこともよく知っている。高知の逮捕で自分にも捜査の手が及ばないか恐れている人間は多いと思う」(同関係者)

    AとX、そしてXと高知容疑者…。
    これまで酒井法子、ASKA、清原和博など大物の逮捕で芸能界薬物汚染の闇が明るみに出たが、その中でもAは名前はおろか、噂すら出てこなかった。
    麻取の間でも「まさかAが!」と思わずうなったそうだ。

    高知、五十川容疑者が所持していた4グラムという大量の覚醒剤は、シャブ○ックス目的にしては多すぎるため、営利目的での所持の疑いも追及する方針だ。

    警視庁が立て続けにASKA、清原など大物を逮捕し、麻取は煮え湯を飲まされ続けていた。
    だが、今回の高知、五十川容疑者の逮捕は芸能界薬物汚染の闇解明に向け、想像以上に大きいものとなりそうだ。今夏に向けて激震は続く――。

    no title
















    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000001-tospoweb-ent
    東スポWeb
    【【薬物逮捕】高知、五十川容疑者「覚醒剤逮捕」の裏で浮上!次の標的は超大物女優ってよwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    「地上波ではすっかり見かけなくなりましたが、野球実況やナレーションなど“顔が見えない仕事”をコツコツやってますよ」

    日本テレビ局員が明かすのは上重聡アナの近況だ。
    上重アナといえば、一部スポンサーからの利益供与問題で、レギュラー出演していた「スッキリ!!」を今年3月に降板。
    以降は、腐ることなく地味な仕事をこなしているという。

    「6月に葉山エレーヌアナがネット事業部との兼任になり、事実上の左遷となりました。葉山アナが内示を受けた時、『なんで私だけが…』とつぶやいたのは明らかに上重アナへのあてつけですよ。いずれにしても舛添問題が浮上したことで、上重アナに対する世間の目もいっそう厳しくなりましたからね。少なくともこの先5年は、地上波復帰は難しいでしょう」(前出・関係者)

    気になるのは上重アナの今後だが‥‥。

    「実は系列のホテル事業部への異動がささやかれているんです。なぜなら汐留にある日テレの本社機能を麹町の再開発エリアに移す計画があるからです。

    そこで現在の汐留のビルは、『日テレホテル』として生まれ変わる。
    2020年の東京オリンピックまでに開業する予定です。
    多くのスポンサー筋と交流がある上重アナがホテル事業部に移れば多くの客を呼べますからね」(前出・関係者)

    ハキハキとした対応が求められるホテルマン。
    アナウンサーの転職先としては最適かもしれない。

    34ab


















    http://www.asagei.com/excerpt/60487
    【【不祥事降板】日テレ・上重聡アナ、噂されるトンデモ左遷先ってよwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    覚せい剤取締法と大麻取締法(所持)の疑いで元俳優高知東生容疑者(51)を逮捕した関東信越厚生局麻薬取締部が、妻で女優高島礼子(51)に対し、現段階では薬物使用などを検査するための尿検査を行わない意向であることが29日、分かった。

    高島は現在、主演するテレビ朝日系連続ドラマ「女たちの特捜最前線」(7月21日スタート、木曜午後8時)の撮影で京都に滞在している。

    同部によると、高島からも今後、日程を調整して話を聞く方針だが、一部でその可能性が報じられた尿検査については行う予定はないという。

    3213890d













    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160630-00000012-nksports-ent
    日刊スポーツ  
    【【セーフ】高島礼子に薬物使用の尿検査行わない意向ってよwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    グラビアアイドルの杉原杏璃(34)が写真集発売記念のイベントを開催した。
    杉原杏璃といえば、財テクタレントとしての顔も持つ。
    この日も報道陣を前に、得意の株式投資が絶好調で「東京で家が買える程度」の“億レベル”の貯蓄があることを明かしている。

    杉原の投資歴はすでに10年。
    資金20万円から株式投資を始め、2014年には儲けたお金で家を購入し、実家の母親にプレゼントしたほどだ。
    グラビアアイドルとしての収入よりも、投資での稼ぎのほうが上回っているとさえ言われている。

    飲食店の経営や、ファッションブランドのプロデュースなど、サイドビジネスを行う芸能人は多い。
    テレビから消えた芸能人が家賃収入で暮らしているという話もよく耳にする。
    ここでは、財テクタレントとして有名な女性芸能人を挙げてみたい。

    ■松居一代(58):不動産投資、グッズロイヤリティー

    松居はハワイのドナルド・トランプ氏(70)の物件を所有するなど、不動産投資で知られている。
    夫の船越英一郎(55)と共同所有する都心の自宅は、推定5億円の大豪邸だ。
    2014年、『週刊文春』(文藝春秋)に「資産10億円」と報じられた際は、上方修正をして否定したほど。

    また、松居は女優や投資家のほかに、掃除道具『マツイ棒』など家事グッズを開発したり、『圧力鍋』をプロデュースするなど、ママタレ、主婦タレとしての顔も有名だ。
    マツイ棒のロイヤリティー収入だけでも相当なものであろう。

    ■岡本夏生(50):不動産投資、ブログ

    芸歴30年の岡本は、グラビアアイドルやバラエティータレントとして、バブル期に大活躍。
    しかし1990年代後半から2000年代までレギュラー番組がほぼなくなり、文字通りテレビから消えた存在となっていた。

    岡本がそんな“潜伏期間”に行っていたのが不動産投資。
    東京・代官山の億ションをはじめ、静岡県や岐阜県に不動産を購入し、家賃収入で暮らしていたという。
    また、ブログ収入だけで多い月で1か月300万円ほどあるとか。
    2016年、イベントのドタキャントラブルで再びテレビから消えてしまったが、生活に困る様子はなさそうだ。

    ■壇蜜(35):駐車場経営

    壇蜜も副業で投資を行っていると噂された一人。
    グラビアアイドルとしてブレイク後、2013年末のオリコンのインタビューでは、芸能活動に見切りをつけ、「立体駐車場経営に乗り出したい」と語ったことが発端。
    その後、他のメディアで「都内3か所で経営」「すでに駐車場だけで年収800万」とも報じられたが、2015年1月の時点では、「立体駐車場を経営するまでには至っていません」としている。
    現在もタレントとして活躍中だが、副業の行方も引き続き気になるところだ。
    ちなみにコインパーキング投資は立地に恵まれれば利回り10%台も射程距離内とあって、人気の投資法である。

    芸能人の儲け話を聞いているだけで気分が浮かれてしまいがちだが、日経平均株価を見ればお分かりのとおり、投資は浮き沈みの多い世界。
    失敗した人も数知れず。財テク有名人たちは、芸能界で培った強いメンタルがあるからこそ、投資の世界でも成功しているのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1148879/

    no title

    【【壇蜜や杉原杏璃は億】”財テク”で生活安泰な女性タレントの懐事情ってよwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    昭和生まれのおっさんてこんなので抜いてたってマジ???
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00010005-saitama-l11
    【【あの人は今】女優達のキャンギャル・レースクイーン時代が酷すぎってよwwwwwwwww】の続きを読む

    1: (・ω・)/私、ただのミーハー
    Hey!Say!JUMPの中島裕翔との交際が注目されている女優・吉田羊が6月15日、都内で行われた黒木瞳の初監督映画「嫌な女」の完成披露上映会に出席した。

    一部の報道陣が吉田のステージ退場時に中島との交際に関して問い掛けようとすると、場内に質問をかき消すような大音量のBGMが流された。
    このところ、場内に大音量を流すことでマスコミからの質問に“聞こえないフリ”をしてスルーする作戦が頻繁に横行している。

    「つい先日も、佐野ひなことの熱愛が一部週刊誌で報じられた神木隆之介も同じ作戦を使っていました。この手法は、離婚問題の渦中にあった米倉涼子サイドが最初に始めたと言われています」(スポーツ紙芸能デスク)

    もはやコントや茶番劇の様相すら呈しているこの作戦だが、その背景にあるのが大手事務所とマスコミ各社の癒着構図だという。

    「正味な話、うちらも声掛けをしたところで、本当のことなんか話してくれるとは思っていない。まして相手が大手事務所のタレントならばなおさらです。
    とはいえ、まったく質問しないのでは格好がつかない。
    さらに言えば、吉田が中島との交際を認める発言をしたとしても、うちらとしてもジャニーズ事務所に気を使ってオンエアはできないだろうし。
    いわばあの作戦はタレントサイドとマスコミサイド、両者の立場を鑑みたうえでの予定調和のようなものです」(民放テレビ局ディレクター)

    この体たらくには、お茶の間はあきれるばかりだろう。

    0107ii

















    http://www.asagei.com/excerpt/60674
    【【聞こえないフリ】吉田羊、神木隆之介…「大音量で報道陣の質問をスルー」作戦の癒着構図ってよwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ