1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/
9万5000文字もの長文は、現在のASKAの精神状態を知るには十分なものといえるだろう。

2014年9月に覚醒剤取締法違反罪で有罪判決を受けた歌手のASKA(57)が9日、ブログを更新。
約9万5000文字もの長さにわたり自身の近況、薬物との関わり、事件の顛末などをつづっている。

文章は「みなさん、お久しぶりです。ASKAです」という挨拶で始まり、一緒に逮捕された栩内香澄美(38)の自宅マンションを早朝に出て逮捕される瞬間までを描く「序章」、初めて違法薬物を体験した「ロンドン」、「盗聴盗撮」「覚せい剤」「恐喝」「週刊文春」「裁判」など20章立て。
各章には新作の散文詩も添えられており、ASKAが事件に関する“告白本”を極秘出版するために書きためたものを公開したと推察される。

このブログは10日になって突然、削除されてしまったが、文中では暴力団との関係や違法薬物の使用を認めた上で、事件の第一報を報じた週刊文春の取材手法などを「だまし討ち」と批判。
〈私の犯した「事件の事実」以外、私の目に飛び込んできた関連記事は全部嘘です。
ひとつも本当のことはありませんでした〉などと事件を報じたマスコミ批判も繰り広げている。

週刊文春でASKA事件を取材したジャーナリストの中村竜太郎氏はこう語る。

「自分に都合のいい一方的な記述ばかりで、客観的事実の検証がない。
週刊文春が取材過程で暴力団に謝礼を支払ったという記述もありましたが、そんな事実は絶対にありません。
そもそも自身が犯した罪と真摯に向かい合うべき執行猶予中にもかかわらず、なぜ、こんな文章をブログに掲載したのか。反省がないと取られても仕方ないでしょう」

「後記」では〈へたな言い訳にならないよう、自分の悪いところもすべて書ききったつもりです〉と殊勝な言葉もつづっているASKA。
だが、現在はハッカー集団による深刻な盗聴盗撮被害に悩んでいるといい、最終章「追記」では「盗聴盗撮集団に告ぐ」として〈いますぐ、私への行為を止めなさい。止めないのであれば、君たちの犯した事実を世間に公表することになる。〉
〈私は、君たちに時間を与えるつもりはない。この場で直ぐに止めることを強く要求する。これは最終警告だ。ASKA〉と結ばれている。

なぜハッカー集団がASKAを盗聴するのか事情がまったくわからないが、今回のブログは気づいた関係者が強制的に削除したとみられる。
ダルクは出たとはいえ、まだまだ周囲の支えが必要な様子のASKA。
ブログを読む限り、本格的な歌手活動再開までは時間がかかりそうである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000007-nkgendai-ent
日刊ゲンダイ 

aska












12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
芸能界の裏の闇まで暴露してくれ
それが禊だ

16: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
嫁とチャゲに対する謝罪の気持ちは一切なさそうね

17: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
もうダルク出たのかw

18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
盗聴盗撮ねー。
シャブのやりすぎで脳がやられて統合失調症に似た症状が出る典型例かな。

20: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
そう、自分に都合の悪いところは飛んでて書かれてない
それより盗撮盗聴集団との戦いがどうこう、そしてそれがまだ続いてるとか書いてるのがやばすぎる
統合失調症だよね。薬の影響かもともとか知らないけど
全然回復してないよ。危ない
関係者が削除したのは当然

22: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
ネットから隔離した方がいいと思うんだけど、無理なんかね?

25: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
隔離しようとすると盗聴盗撮集団が実力行使に出たとかで暴れそうw

29: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
飯島愛の話までは面白かったけどね
盗聴集団が出てきてから一気に壊れた

33: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
本人にしか見えない敵だな
隔離した方がいいと思う

45: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
あれは衝動で書いた文章じゃないじゃんどう見ても
ちゃんと章分けしてあってさぁ



引用元: 【芸能】超長文“暴走ブログ”で心配される ASKAの危ない精神状態