1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/
法廷の中心で、愛をさけぶ――。「永遠の0」などで知られる作家の百田尚樹氏(60)が2日、東京地裁で開かれた“殉愛裁判”に証人出廷した。
これは故やしきたかじんさん(享年64)と妻さくらさんの闘病生活を描いた同氏の著書「殉愛」で名誉を傷付けられたとして、たかじんさんの長女(43)が発行元の幻冬舎を訴えたもの。
百田氏は原告代理人に食ってかかるなど“らしさ”を見せ、一部で“後妻業”とやゆされるさくらさんについても「いまでも信用している」と即答した。

“百田劇場”だった。

2014年1月に亡くなったたかじんさんと妻さくらさんの献身的な看病を描いた「殉愛」。
ノンフィクションをうたい、同年11月に出版されるや、30万部を超える大ベストセラーとなった。

さくらさんが美化される一方、激しくディスられた(侮辱された)のがたかじんさんの長女、母親ら親族。
同書では長女について「会えば金を無心する」というような記述も。
こうした表現が今回の名誉毀損訴訟につながり、長女側は幻冬舎に出版差し止めなどを求めている。

百田氏は黒のスーツ姿で出廷。のっけから早口でしゃべり出したため、裁判長から「もう少しゆっくり」とたしなめられ「これでもそうしてるつもりなんやけど」とボヤいた。

争点は長女に対する同書の名誉毀損部分の取材が十分だったかどうか。
原告代理人の的場徹弁護士は、百田氏が長女側に一切取材していないのに、親子に「確執があった」と書いたことを糾弾。
百田氏は「確執そのものは(本の)テーマではない。晩年の孤独がテーマ」と主張し、長女を取材しなかった理由について「聞いたところで、本当のことを言うのか?という思いがあった」と述べた。

その後も的場弁護士の追及は続く。口調はいつも以上に激しく挑発的で、百田氏のヒートアップを狙った作戦であることは明白だったが…。

百田氏は乗っかった。ある週刊誌記事に同氏が“圧力”をかけたと再三突っ込まれ「それとこれ(裁判)、何の関係が?」「さっきからうその質問ばかり。何言うとんや!」と声を荒らげる場面も。
同氏が「さあこれから」と話し始めた矢先に、的場弁護士が「はい、もういいです」と強制終了を連発したことにもイラ立ちを隠せなかった。

一方で、さくらさんのことは最後までかばい続けた。同書の出版直後から数々の疑惑が浮上し、ネット上ではたかじんさんの遺産を狙った“後妻業”とやゆする声も上がった。昨年2月には反証本「百田尚樹『殉愛』の真実」も出版されている。

それでも百田氏は「彼女はたかじんさんの膨大なメモ、資料を持っています。
第三者はみんな『心からたかじんさんのことを思っている』と言ってますよ。後妻業だという報道もあるが、これらは笑止」と力説。
的場弁護士が「はい、いいです」と強制終了してもなお「金目当てとか言うとるけど、8億の遺産のうち6億寄付しとるんですよ」と止まらなかった。残りの2億円でも大層な額ではあるが…。

とにかく百田氏の忠信は不変だ。「現在もさくらさんを信用しているか?」と問われ
「変わりません。いまでも『殉愛』書けますねぇ」と即答。

これには「『殉愛』の真実」の執筆者の一人で、本来、百田氏とは敵対関係にあるライターの西岡研介氏も本紙に「正直、感動した。まだ信じているとは。本当の殉愛は百田氏とさくらのことやったんや」と声を上げた。

出版関係者も「当初、さくらさんをかばってきた幻冬舎の関係者も、最近は距離を置いていると聞いている。
百田氏もようやく『目を覚ました』と聞いていたが、違った。まさに殉愛」と話す。

次回作にしてみてはどうか?

13425













http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160304-00000013-tospoweb-ent
東スポWeb 

4: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
文春だんまり

5: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
裁判官の印象は悪いだろうなw

7: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
バカな奴
途中で自分も騙されたとやればまだ良かった
もう裁判にもなって引っ込みがつかないんだろ
作家としては完全に終わった

8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
嘘つかれてたのわかってても信じて待つなんて忠犬ハゲ公ですなぁ

12: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
実録ノンフィクションとしてではなく、
実在の人物の名を借りた創作バリバリの小説としてなら、
そりゃ今でも書けるだろうよw

14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
たかじん氏の娘が出版差し止め請求の裁判を起こしてきた。裁判となれば、今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ。〉

 ところが、証言台に立った百田氏の口からは、そんな“敢えて書かなかった新証拠”や“一番おぞましい人間の真実”なるものは一切出てこず、むしろ、百田氏自身の“ずさんな取材”の実態ばかりが露呈したのだった──。

 被告代理人による主尋問から、百田氏はたかじん氏の長女が名誉棄損とする記述について、“誰に対する取材に基づいているのか”を証言した。20数カ所についてひとつずつ聞かれていったのだが、
百田氏の答えの半分以上は、「奥さんに聞いた」。残りの箇所も、『そこまで言って委員会』の製作会社・ボーイズ代表取締役の相原康司氏、同じくAZITO代表取締役・井関猛親氏など、さくら夫人の代理人的な動きをしていた人物の名前しか出てこなかった。

 主尋問は被告の幻冬舎側代理人によるものなので、通常は、きちんとした取材をしていることを立証することが目的なのだが、百田氏は逆に、一方的な取材しかしていないことを自ら暴露してしまったのだ。

15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
主尋問でこれだから、反対尋問は推して知るべしだ。百田氏はたかじん氏長女の代理人から、さくら夫人が、たかじん氏の生前、「業務委託契約」を結んでいたことや、
たかじん氏の死後すぐに「Office TAKAJIN」を設立していたこと、また相原氏の会社・ボーイズの取締役にも就任していたことや、
たかじん氏の自宅金庫にあった2億8000万円のうち1億8000万円を自分のものだと主張したことなどを知っていながら、『殉愛』で「無償の愛」と謳ったのではないか、との質問を受けた。

すると、百田氏は、1億8000万円については知らないと言ったものの、「業務委託契約」を結んでいたことについては
「ちらっと聞いたことがある」と回答。さらに「Office TAKAJIN」設立や、相原氏の会社・ボーイズの取締役にも就任していたことを「知っていた」とあっさり認めてしまったのだ。

 さくら夫人がイタリア人男性と結婚していたことについても同様だった。百田氏は「知っていた」ことをあっさり認めたうえ、たかじん氏がさくら夫人の過去を明かすことを望んでいなかったため、『殉愛』に書かなかったと弁明した。

 たかじん氏の死後にはじめて取材した百田氏が、いったいどうやってたかじんの意思を確認できたのか。
そもそも、百田氏は『殉愛』でさくら夫人が結婚していたことを書かなかったのではなく、イタリア人男性のことをわざわざ記述した上で、彼とは結婚していない、恋人でもないと書いているのだが……。

19: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
目冷ませハゲ

21: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
センテンススプリング、
ベッキーは叩きまくったくせに、
怪しい後妻業者に騙された百田センセイには
優しいねw



引用元: 【殉愛裁判】証人出廷の百田尚樹氏「いまでも『殉愛』書けますねぇ」