キャリア

2009年05月07日

今年の私のテーマの1つが「QI」です。QIとは、タイトルにも書きましたが、Quality IndicatorQuality Improvementの略で、「医療の質の指標・質改善への取り組み」を意味します。

私の勤める聖路加国際病院は、数年前からこの医療の質改善に積極的に取り組んでいて、2年前からは、その成果を本にして世間に公開しています。
アマゾンへのリンク

そして、今年の4月からは、インターネット上での公開を開始しました。
聖路加のサイトへのリンク

本に書ける量には制限があるので、1つの指標については概要レベルまでしか公開することができませんでしたが、ネット上ではもう一歩踏み込んだ内容まで公開しよう、ということで、聖路加がどのような手順を踏んで、質改善に取り組んでいるのかを公開することにしました。これから夏にかけて、少しずつ更新をしていく予定になっています。(毎月、原稿の締め切りがあって、けっこう大変なんです、これが・・・)

日本の病院の医療の質向上への本格的な取り組みは、ようやく始まったばかり、といった感じですが、留学中に勤めていたアメリカの病院には、"Quality"という名称の部署があり、総勢約50人(!)のスタッフが専任で、さまざまな質の改善に取り組んでいました。

CQO=Chief Quality Officer (アメリカはCなんとかOが好きですね)の下に、「医療の質」「患者満足」「業務改善」の3人の担当マネージャーが配置され、3つの中での最大部門でもあった「医療の質」を担当していたマネージャーは、UWのMHAの先輩でした。

彼女は医療のバックグランドはありませんでしたが、医療の内容にも精通していて、医療者とチームを組んで、さまざまなプロジェクトのリーダーをしていました。今でも私のロールモデルになっています。

一方、日本の病院の「医療の質改善活動」は、医療者の自助努力に委ねられているところが多いように思います。良く言えば「現場主義」「ボトムアップ」とも言えますが、データを集め、分析し、改善案を考え、その案を実行する。さらには、会議資料を作り、会議のファシリテーションをする。これだけの仕事を、医師や看護師などの医療者が担うのは、以下の3つの理由で得策ではないと考えます。

1つ目は、業務量の問題。ただでさえ忙しい医療者に、プロジェクトのマネジメント業までさせるのは酷というもの。改善プロジェクトをリードすることは、民間企業では立派に1人分の仕事です。

2つ目は、仕事の質の問題。簡単に言えば「餅は餅屋」ということ。「問題解決」や「プロジェクトマネジメント」のトレーニングを受けたスタッフが間に入ったほうが、
最終的には良い解決策が導き出されるハズです。

3つ目は、スピードの問題。医療者が一定期間だけでもプロジェクトに専念できれば良いのですが、なかなかそうはいきません。通常は、空き時間に(しかも、ボランタリーに!!)処理することになるため、どうしても進み具合が遅くなります。

ということで、我々のような「専門のトレーニングを受けた」「中立の第三者」の存在が重要になってくると思うのですが、こうした活動に対しては「お金」が出ないのが日本の診療報酬制度の悲しいところです。アメリカのように50人とは言いませんが、こうした質向上の活動に対する何らかの報酬は、あってしかるべきだと思います。

聖路加のQIへの取り組みが評価され、全国の病院に広まり、やがては診療報酬にも反映される、、、そんな日が来ることを切に願います。

mha_forum at 21:34コメント(2)トラックバック(0) 

2006年10月27日

ロゴ




Organization 2006 2005
 Hospital and Health Network 28% 41%
 Clinic/Community Health Center 20% 18%
 Consulting Firm   24%
 Association, foundation or voluntary 8% 5%
 Health Department 4%  
 Health Maintenance Organization 4% 12%
 Insurance Company 4%  
 International Agency/Institution 4%  
 Pursing another graduate degree 4%  
 Employed outside the health field 4%  
 Unknown 20%  
Total 100% 100%

2006年に"Unknown"が多いのは、卒業直後のためと思われます。



mha_forum at 13:30コメント(0)トラックバック(0) 
【サマーインターンシップ体験談 林譲也

私が通っていたミネソタ大学MHAプログラムの骨格となるコースは、なんと言っても「Problem Solving」(問題解決力)です。

ミネソタ大学MHAでは、その長〜い歴史の中で練り上げられた「問題解決のための14ステップ」というフレームワークを1学期から教室で、またOB/OGの指導のもとミネソタ周辺の医療機関で実践しながら2年間をかけて習得するのですが、

夏期インターンシップ(ミネソタではSummer Residencyと呼ばれています。)は学生がたった一人で外部の医療機関に乗り込み、自身の実力を試す第一の登竜門として位置づけられています。もち ろん評価の対象となり、必須単位の一部となるため、現場での実作業とともに20ページから100ページを超えるペーパーワークを同時進行するのが大変でし た。

サマーレジデンシーでは原則として学生が各自で行き先を見つけてきます。すなわちプチ就職活動をして行き先を探しました。

卒業生がいる医療機関を中心に、また時には全然関係のない医療機関に飛び込みで連絡をして、自身の得意分野、興味がある分野、13〜15週間ぐらいで関わ らせてもらえるプロジェクトの有無、期間中の給与や住居について、などなど、基本的には自分が気に入るまで、とことん相手方の担当者と話を詰めてから参加 しますので、学生の大部分は自分のしたいこと、現在相手方の組織が抱えている問題、現在進行中のプロジェクトについて、それらに対する自分の関わり方、な どをきちんと理解した上で、しかも夏休み前までにある程度のリサーチを終えてからサマーレジデンシーに突入することができました。

私の場合は北カリフォルニア、バークレーの近くにある急性期病院+複数の介護施設というグループにサマーレジデンシーにいくことになりましたが、行く直前 まではインターナショナルマーケットの開拓(特にカリフォルニアですので患者だけでなく看護師をはじめとした従業員の採用面で)や患者に外国人が多いため ラングエッジサービスをはじめとするカスタマーリレーション+サービスをする予定になっていました。

ところが行って1週間もしない間にインターナショナルマーケットの問題も、患者に対するラングエッジサービスに対する問題も、実は問題らしい問題は無く、 それらのサービスを充実させるためのフィリピンや中国の看護学校との契約書の詳細確認や施設内でボランティアによる翻訳通訳サービスをコーディネートする ことで私に与えられた課題は終わってしまったのです。

そんな簡単なことでしたのでペーパーもかけません。何よりも問題が無いのですから問題解決する必要すらなかったのです。

そこからの3ヶ月間、何をしようか考えました。

ミネソタでは生徒に教授陣から1名、OBOGから1名、そしてサマーレジデンシー中はインターンシップ先で勤務している、またはその施設の近くにいる OBOGが指導官として夏のインターンシップをサポートしてくれます。それらのサポーターや、特にペーパーを評価する担当の教授にいろいろと相談し、結果 として残された時間は短いがその組織内で問題をみつけることから始め、それを解決できるように努力してみよう、と言うことになりました。

すぐ翌日から私のサマーレジデンシー受入れの責任者になっているアドミニストレーターに相談し、「既に1週間がたち、職員の顔も覚えてきた。残された時間で何かしらの問題解決を手伝いたい」と言ったところ、たちまち2つの問題を言い渡されました。

1つ目は雇用主と従業員、そして労働組合について、就業規則と労働基準法の矛盾によって雇用主も、従業員も、そして労働組合も不具合を感じている、という問題でした。

2つ目は物流の効率化。早く、安く、正確に、無駄のないように、グループ全体にSPDを導入する必要がある、という課題でした。

アドミニストレーターと話しているうちに、1つでいいのに両方を同時進行で、担当することになりました。

いろいろと話を聞きまわった結果、労働組合代表、看護部長、人事課長、グループ法人事務所長、労務管理者、職員代表、などなどで1グループ。各施設の物品 管理および購買担当者、看護師長で1グループ。チームを発足してからは日常業務で忙しい皆さんに代わって私がリサーチをし、報告書をまとめ、プレゼンを し、全員の意見をまとめ、それらを従業員に伝え、その対策案の導入を毎日確認し、定期的にその効果が良くても悪くても職員全員に配信しました。結果として 1つ目のプロジェクトは就業規則の改訂と普及がより公平・公正な労働環境につながり、2つ目の問題はダイレクトに材料費だけで月間3〜4千万円のコスト削 減につながりました。そしてそれらをペーパーにまとめ、無事にサマーレジデンシーを終えることができたのです。

私の場合、インターンシップ先を見つけることが一番大変でした。期間中の報酬、住居、取組んでみたいプロジェクトの難易度や規模を出来る限り自信の望むものに近い形でアレンジするのが難しく、時間がかかりました。

次の苦労は、インターンシップ先にたどり着いたものの、何の指示ももらえず、自分でも何をしたらいいのかわからない、ということ。

これらの原因として考えられるのは、〇笋何をしたいのかが伝わっていない、∋笋何をしたいのかは伝わっているが、受入れ先の人たちが問題を認識してお らず私にくれるネタがない、2魴茲垢戮問題を認識してはいるものの私に対する信頼がない、などでしょうか。,魎兇犬疹豺腓蓮⊆分の受入担当者に相談す ること、△魎兇犬疹豺腓麓身でいろいろと患者や現場職員と話をして何かしらの不都合や不具合が無いかを自分なりに探してみること、については自身の バックグラウンドをきちんとお話したり、組織内の問題に対して自身の見解を伝えたり、与えられた課題に対して誠実に答えることを心がけたりすること、で解 消できると思います。

また、インターンシップ先の受入責任者は、できる限り上級職の方を見つけることが大切だと思います。これは、上級職であればあるほど、現場レベルではな く、組織全体にかかわるアドミニストレイティブな視点で問題点を認識しておられるので、将来の管理職をめざす私たちのためになるレベルの問題を与えていた だけること、そして実際にインターンシップが始まり、プロジェクトが動き始めた時の組織的なサポートが容易に得られること、そして成功した暁には将来の職 場探しに役立つことがあるから、です。

ハッタリを利かせて、ご自身が出来そうも無い、と感じるぐらい大きい問題にぜひぜひ取組んでください。思い切ってチャレンジしていただいて、うまく解決できればバンバンザイ。だめなら3ヶ月でハイおさらば。どちらにせよマイナスはありません。

小さいことをもう1つ。インターンシップに行くと、重要な会議への出席が許される代わりに、ミーティングの議事録を取ることになったりします。

これをうまくやる秘訣は、ICレコーダーを用いて録音し、ゆっくりとサマライズしながら書き上げる、というのが1つ。

またはそうして書いたものを、これまで議事録を書いていた人に見せて確認してもらってから提出するのが1つ。

最後に可能であれば、是非是非ギブアップ宣言をし、もともと議事録を取っていた人にお願いしましょう!

どちらにせよ大切なことは「私は英語が下手なのでICレコーダーで取ってから時間をかけて書いています。またそれをどなたかに確認してもらう必要がありま す。」ということを早い段階でミーティング長にお知らせしておき、それでもがんばりマス!ということを皆さんに知っていただくことです。

最初に言い訳しておくことで、自分の肩の荷もおり、不出来なものを提出した際のエクスキューズにもなり、でも努力しようとする姿勢を見せることができました。

米国人は英語ができないことに対してネガティブな評価をつけることはありません。私たちに英語を教えるのが議事録作成の目的ではなく、スピーディーに正し い情報を整理し、記録することが議事録作成の目的です。英語がうまくない外国人ほど気にしますが、そんな人が会社の中にさえゴロゴロいるのがアメリカであ り、米国人は言葉の出来、不出来で人を評価することはあまりありません。

会議には出席し、メモは取るが、議事録に関してはギブアップ宣言をして誰かのサポートを得ましょう。そして会議の席での発言が出来なくても、代わりに会議 終了後にキーパーソンに会議中に感じた質問や意見を伝えにいきましょう。ストレスやプレッシャーを避けて、リラックスした状態の方が意見の交換は容易です し、大変良い交流が生まれると思います。

自身の得意、不得意を関係者にきちんと伝え、オープンな態度で接することこそが、私たちの誠意を相手側に伝える第一歩だと思います。

ぜひ、試してみてください。

mha_forum at 12:57コメント(0)トラックバック(0) 
ロゴ




【サマーインターンシップ】
サマーインターンシップとは
 アメリカの大学は6月初旬から長いところでは9月末までの夏休みがあります。この期間に大半の学生が実社会でのインターンシップを経験します。教室では 学ぶことの出来ない実社会を体験することが出来る(そして金銭的にも!)貴重な機会です。「2年間で最も多くのことをインターンシップから学んだ」と言う 人もたくさんいます。

 インターンシップ先で最も多いのは病院などの医療機関です。それ以外には保険会社や政府の医療系団体などがあります。インターンシップ先にそのまま就職 するケースもありますし、インターンシップ先で構築したネットワークが就職につながることもあります。もちろん履歴書にも堂々と書くことができますので、 インターンシップ先の選定はほとんどの学生にとってとても重要なイベントです。

 インターンシップの内容は受入先機関によって異なりますし、各個人によっても異なりますが、以下の2つが代表的なものだと言えます。
 ・各種経営会議への参加 (学生ならではの特権とも言えます)
 ・プロジェクトへの参加 (時にはプロジェクトリーダーを任されることも!)

 インターンシップ先を学校側が斡旋してくれるプログラムと、自分で探さなければならないプログラムがあります。卒業生・在校生からの情報によると下記の通りです。

学校名 インターンシップの見付け方
コーネル大学 自分で探す
ミシガン大学 【調査中です】
ミネソタ大学(Carlson) 1.自分で探す(全体の約半分)

2.OB/OGからの紹介(全体の約半分)
 全米で活躍中のOB/OGが、自身の勤務するまたは自身がマネジメントする医療機関でプロジェクトのテコ入れや進捗管理を在校生に任せます。プロジェク トの内容、期間、待遇、住居、プリセプターやメンターのバックグラウンドなどの募集要項がまとめられ、MHAオフィスに張り出されます。気に入ったものを 見つけた学生は、事務局を通して連絡を取り、面接などを経てインターンシップの場所を見つけていきます。

3.シックスシグマプロジェクトへの参加(年間2-3名)
 ミネソタ大学MHAではMBAと協力して「シックスシグマプロジェクト」を主催しており、これに参加するMHAおよびMBAの学生はサマーインターン シップを経てシックスシグマのグリーンベルトを取得することが出来ます。ひと夏に2〜3名の狭き門なので競争は激しいですが、給与面が良く、プロジェクト 内容も充実しており、シックスシグマグリーンベルトまで付いてくる、ということで人気です。
ワシントン大学(シアトル) 原則的には学校が斡旋&マッチングをしますが、学校に事前に了解を得ておけば自分で見つけた組織でインターンをすることも出来ます。

サマーインターンシップ体験記
名前 学校名 インターン先 詳細
林譲也さん ミネソタ大学
(04年卒)

(CA)
Click Me!
KMさん ワシントン大学(シアトル)
(0X年卒)
Virginia Mason Medical Center
 

TNさん ミシガン大学
(0X年卒)
日本医療機能評価機構
 

SYNさん ミシガン大学
(07年卒業予定・MBAとのDual)

 

AMさん コーネル大学
(07年卒業予定)
Texas Medical Center Hermann Hospital
KKさん ワシントン大学(シアトル)
(07年卒業予定)
Swedish Medical Center (Seattle)
YKさん ワシントン大学(シアトル)
(07年卒業予定)
Virginia Mason Medical Center (Seattle)
STさん ワシントン大学(シアトル)
(08年卒業予定・MBAとのDual)
Group Health Coorperative (Seattle)



mha_forum at 12:55コメント(1)トラックバック(0) 
Profile
訪問者数

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ